寝たきりを防止するには?

寝たきりは

防止できるのですか?

 

高齢者というのは、ほんの小さなことがきっかけで、
寝たきりになってしまうことも実は多いのです。

 

ですから、あのときああしていれば…
ということにならないように、

 

介護する人の側で、
寝たきりになってしまうことを防止するよう
工夫してみましょう。

寝たきりの原因には、

どのようなものがあるのですか?

 

寝たきりの原因としては、
骨折やいろいろな病気が原因で、
からだを動かすことができなくなると、
床につくようになりますが、

 

それによって、
そのまま寝たきりになってしまうことが多いようです。

 

また、軽い風邪などから床につくようになって、
そのまま寝たきりになってしまうこともあります。

 

特に、高齢者は、
からだの中で使わないところがでてくると、
そこに関節の拘縮や筋力の低下がおこり、
寝たきりの状態になりやすいのです。

寝たきりになると、

どうなってしまうのですか?

 

まず、寝たきりになると、動きませんので
当然食用がなくなり、便秘がちになります。

 

また、失禁や床ずれ(じょくそう)を起こしたりして、
どんどん全身の機能が落ちていってしまうのです。

 

こうした状態が続くと、足が硬直していきますので、
足の関節が足の裏側に折れ曲がって
ちぢこまった状態になり(尖足といいます)、
自力で立てなくなってしまいます。

 

そうなると、精神的な意欲も低下していきますので、
それが認知症につながる
といったことにも繋がっていくのです。

 

まさに、
悪循環に陥ってしまうといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

では、どうしたら寝たきりは

防止できるのですか?

 

寝たきりの防止のためには、
まずは高齢者の心身の状態をよく観察することが大切です。

 

そして、
積極的にからだを動かすことも必要になってきますので、
からだの運動や体位変換などをするようにしましょう。

 

それと同時に、ボケないように、
常によい刺激を与えていくことも重要です。

転倒予防寝たきり防止に対する

アプローチ・まつたに鍼灸整骨院

 

今回紹介する動画は、かなり短いものなのですが、
転倒予防寝たきり防止に役立つのでは?
と思い紹介してみました。

 

日本は少子高齢化を迎えて久しいですが、
まだ認知運動学というのはあまり知られていませんよね。

 

動画の中では、患者さんに指の感覚を確かめる
ということが繰り返し行われていましたが、
そこにヒントがあるのでしょうね。

 

何でも日本の伝統的な手技療法でもあるらしいので、
一度試してみる価値はあるかも?しれませんね。

 

 

スポンサーリンク