腸内環境を改善する方法?腸内細菌の善玉菌と乳酸菌の効果は?

腸内環境を改善する方法?

腸内細菌の善玉菌と乳酸菌の効果は?

 

腸内環境『駆け込みドクター!運命を変える健康診断 芸能人一斉診断!健康年齢スペシャル!』見ますか?^^

 

「腸は最も老化しやすい臓器!」
「腸の老化の影響は全身に及ぶ重要な臓器。」
「鍵を握るのは腸内環境。善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスは?」

 

など、とても参考になりそうで楽しみです。

 

腸内環境については、我が家でも気にしてはいるのですが、最近は、スーパーなどでも、ヨーグルト1つとっても様々な種類があり、どれを買ったらいいのか迷ってしまいますよね?

 

今回は、どうしたら腸内環境を改善することができるのかについて、まとめてみました。

 

あなたの参考になればうれしいです。

 

スポンサーリンク

 

日本人には

動物性乳酸菌は合いません

 

腸内環境を改善する食品として、ヨーグルトがまず頭に思い浮かびますよね。

 

でも、実は日本人の腸内環境の改善には、動物性の乳酸菌よりも植物性の乳酸菌のほうが合っているんです。

 

動物性の乳酸菌というのは、牛乳から作られるヨーグルトなどですね。

 

一方、植物性の乳酸菌というのは、漬物や沢庵などを発酵させるときに使われるものです。

 

昔から日本人は、植物繊維がたくさん含まれた米や大豆を主食としてきましたよね。

 

だから、日本人には、植物性の乳酸菌のほうが合っているのです。

 

一方、欧米人は、日々、チーズや牛乳などをたくさん消費する民族なので、乳清タンパク質を餌とする動物性乳酸菌が合っているというわけです。

 

植物性乳酸菌なら

簡単に腸内細菌を増やせます

 

最近よく見かける「高生存性乳酸菌」「生きて腸まで届く」というヨーグルトは、動物性の乳酸菌です。

 

動物性の乳酸菌の場合は、とにかく常に食べ続けていないとダメなんです。

 

というのは、動物性乳酸菌のエサとなるチーズや牛乳などの乳製品は、日常的に大量に摂らないと、腸内で菌を増やし続けることができないからです。

 

一般的な日本人の場合、お米と味噌汁を主食としてますが、こうした食生活でしたら、植物性乳酸菌のヨーグルトを食べるのがよいです。

 

豆乳ヨーグルトなどですね。

 

そうすることで、通常の食事で植物性乳酸菌のエサとなる食物繊維が常に摂れるので、腸内で菌を順調に増やしていくことができます。

 

植物性乳酸菌は

簡単に手に入ります

 

植物性乳酸菌として有名なのは、トーラクの「豆乳で作ったヨーグルト」やカゴメの「植物性乳酸菌ラブレ」でしょうか。

 

どちらもイトーヨーカ堂やイオンなどのスーパーに行けば手に入ります。

 

我が家では、毎日、トーラクの「豆乳で作ったヨーグルト」を食べるようにしています。

 

味もプレーンとフルーツ、ブルーベリーがあるので、飽きずに続けられています。^^

 

カゴメの「植物性乳酸菌ラブレ」は、たまに買って飲みますが、ピーチ味など美味しくて、とても豆乳で作られたとは思えません。

 

ちなみに、毎日ヨーグルトを買って食べるとなると、それなりに食費もかかりますよね。

 

食費を安く済ませるのなら、食事の際に、漬物や沢庵を多少多めに食べるのがお勧めです。

 

体質改善なら

長い目で!

 

あなたが、ガンやアレルギー体質に対する免疫力をアップさせるために、腸内環境を改善したいと考えているのであれば、少し長い目でみておいた方がよいです。

 

1年とか2年とか、それなりの長期間での取り組みになりますからね。

 

半年とか1年以内とかですと、目に見える形での効果は期待できないと思います。

 

乳酸菌で

お腹を壊したら?

 

乳酸菌を摂ると下痢をしてしまうという場合は、別の乳酸菌を試してみてはいかがでしょうか。

 

乳酸菌と言っても、実際にはもの凄くたくさんの種類があるんですよね。

 

ただし、下痢をしてしまうというのは、一過性のもの、つまり腸内細菌を乳酸菌で調整しているときの過渡期にあるかもしれませんので、1か月程度は様子を見てみるとよいかもしれません。

 

腸内環境が

病気の原因になります

 

乳酸菌は、日常的な体調管理を行っていくうえでも、とても効果があるんですよ。

 

日本人の腸というのは、そもそもが農耕民族であるが故に、欧米人よりも腸がとても長いです。

 

そんな日本人が、食の欧米化により、肉食となったものの、腸は長いままですから、どうしても食べたお肉などが、腸の途中で腐ってしまうわけです。

 

これが宿便と言われているものです。

 

人は栄養のほぼすべてを腸から吸収すると言っても過言ではありません。

 

このとき宿便などの毒素が吸収されてしまうと、それが病気の原因になったりするのです。

 

実際に、日本人が欧米化したことにより、大腸がんが増加しています。

 

このように、腸内環境と病気とは密接な関係にあるのです。

 

乳酸菌は、こうした腸内環境を整えるのに、とても効果があるのです。

 

ただし、、生きた乳酸菌のほとんどが、胃酸で死滅してしまうという問題点もあります。

 

スポンサーリンク

 

乳酸菌生産物質なら

腸まで届きます

 

近年、『乳酸菌生産物質』というものが注目されています。

 

これは、すでに腸内に存在している善玉菌を超強力にするものと言ったらわかりやすいでしょうか。

 

この『乳酸菌生産物質』でしたら、胃酸や胆汁の影響をほぼ受けまぜん。

 

なので、前述した乳酸菌のほとんどが、胃酸で死滅してしまうという問題点を克服することができるのです。

 

薬局などでも『乳酸菌を胃酸で減らさず腸まで届ける』と謳われた、乳酸菌をコーティングしたものが販売されていますよね。

 

例えば、ミヤサリンとかビフィーナSスーパーなど。

 

ただ、ビフィーナSスーパーは、少々高いですし、ミヤサリンはドラッグストアでは手に入りにくいなど難点はあります。

 

ちなみに、腸まで届くかどうかは、人によっても様々です。

 

ヨーグルトでアレルギーが改善したり、漬物や味噌でも便秘が改善する人もいますからね。

 

腸内環境の改善で

免疫力がアップ!

 

腸には食べたものを消化吸収するのはもちろんですが、それだけではなく、免疫力を高めたり、身体に有益な物質を作りだしたりする働きもあります。

 

つまり、腸内環境が改善されると、身体の免疫力が高くなりますから、それによって、風邪をひきにくくなったりするわけですね。

 

また、アレルギー症状が緩和されたり、アレルギーを引き起こしにくくもなります。

 

ただ、こうした効果を実感するには、ある程度長期間に渡り、腸内環境を改善していく必要はありますね。

 

腸内環境の改善で

美肌もキープ!

 

昔から腸とお肌は表裏一体と言われていますよね?

 

腸内フローラが良くなると、ダイエットや美容にも良いとも言われます。

 

腸内環境が良い状態になっていれば、それだけ、美肌をキープすることにもなるんですよ。

 

反対に、腸内環境が良好でないと、肌荒れの原因にもなります。

 

これは、悪玉菌が、排泄しにくい便をつくるからです。

 

また、それだけではなく、悪玉菌は、大腸に送られる食べかすに含まれるアミノ酸やたんぱく質を分解して有毒物質をつくります。

 

それが血流に乗って肌まで達すると、肌にダメージを与えるんですね。

 

肌のトラブルは

悪玉菌のせい!

 

腸内が酸性に保たれていると、排便が促されるのはもちろん、ウィルスや毒素の侵入を防いで感染から守ってくれる機能があります。

 

一般的には、腸内環境というのは、加齢に伴い、善玉菌は減っていきます。

 

そして、その代わりに、悪玉菌が増え腸内環境が悪化していくことになります。

 

悪玉菌によって作られた有害な物質は、血液によって運ばれ皮膚まで達します。

 

それが、肌のトラブルなどを引き起こすわけです。

 

一般的に、肌にハリがあって、若々しく、健康な人は、腸の粘膜のヒダも健康なピンク色をしていて、ポリープや宿便もなかったりするんですよね。

 

腸内環境の改善で

便秘も改善!

 

腸内環境が改善されると、お通じも良くなります。

 

お通じが良くなると、便により圧迫されていた血管が解放されることから、血流も良くなります。

 

これにより、手足の冷えも軽減されるようになるんですよ。

 

善玉菌が増えれば、善玉菌が生成する乳酸の刺激によって、腸のぜん動運動が活発になることから、さらにお通じが良くなることにもつながるのですね。

 

善玉菌を増やす

発酵食品!

 

腸内環境を良い状態に維持するためには、発酵食品をたくさん摂るのが効果的です。

 

例えば、漬物や味噌、納豆、ヨーグルト、キムチなどですね。

 

これらの発酵食品は、善玉菌を増やしてくれるので、積極的に食べるようにしましょう。

 

特に、キムチや漬物には乳酸菌がたくさん含まれています。

 

食物繊維で

腸内環境改善!

 

食物繊維も多く摂りたいですね。

 

というのも、食物繊維は、腸のぜん動運動を助長して、腸内をきれいなままに維持してくれる、手助けをしてくれるからです。

 

つまり、食物繊維を摂っていると、腸内環境が良い状態にキープされるということなんです。

 

食物繊維の効果として、お通じが良くなることがありますよね?

 

これは、食物繊維には、便の中で水分を保持する機能があるからなんです。

 

これにより、便を最適な状態の柔らかさにして、便秘の予防と改善に役立っているのです。

 

というわけで、本日は、腸内環境を改善するにはどうすればいいのかについてまとめてみました。

 

あなたの腸内環境の改善に、少しでもお役に立てればうれしいです。

 

スポンサーリンク

関連ページ

腸内フローラの改善はどうすればいいの?
腸内環境、腸内フローラ、乳酸菌の悩みに関する情報です
乳酸菌(腸内細菌)で免疫力向上!コッカス菌で悪玉菌を抑え善玉菌状態に!
腸内環境、腸内フローラ、乳酸菌の悩みに関する情報です
たった10日間で花粉症が完治した究極の方法
花粉症が完治した究極の方法に関する情報です