たった10日間で花粉症が完治した究極の方法

たった10日間で

花粉症が完治した究極の方法

 

このマニュアルでは、私が20年間悩まされた花粉症を、たった10日間で改善させた究極のノウハウをお伝えしていきます。

 

今、あなたがこのマニュアルを手にされているということは、きっと私と同じように花粉症に悩まされていることと思います。

 

私も長年、ようやく寒さも和らぎ春が訪れるというころに、花粉症によるくしゃみや鼻水、目のかゆみという症状に悩まされていました。

 

ですから、あなたの気持ちは本当によくわかります。

 

一般的な花粉症対策と言えば、例えば、うがいや手洗い、といった基本的な対策から、目薬を利用したり、マスクや眼鏡といったグッズで花粉をシャットアウトしたりするものがありますよね。

 

ただ、そういった対策では、花粉症の根本的な改善にならないのは、あなたもご承知の通りです。

 

さて、花粉症を根本的に改善させる究極の方法とは、ズバリ食事療法です。私はこれで花粉症とさよならできました。

 

あなたも、私と同じような食事療法を行えば、必ず花粉症を根本から改善できます。

 

たった10日間実行するだけですから、ぜひ最後までやり遂げて、花粉症の悩みから解放されてください。

 

なお、実践する際には、以下の注意事項をよく読んでから行うようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

注意事項

@マニュアルの内容は、あくまでも花粉症にかかっている健康な方を対象にしたものです。

 

ですから、腎臓病や糖尿病など、アレルギー以外の疾患により通院されている方や、他の理由で食事制限をなさっている方は、十分に気を付けて行うようにしてください。

 

Aこのマニュアルで推奨している食事療法を実践した際に生じたいかなる事故についても、当方では責任を負いかねますので、万が一体調が思わしくないときには、直ちに食事療法を中止してください。

 

B乳製品や卵など、特定の食品にアレルギーがある場合、その食品を一定期間摂らなかった後に、再度その食品を摂ると、突発的なショックを発症する恐れがあります。

 

こうした事態を防ぐため、特定の食品を摂らなくなったら、念のため、その食品を摂らなくなった期間の2倍の日数をあけてから、摂り始めるように注意してください。

 

Cこのマニュアルは、あなたの花粉症が10日間で100%完治することを保証するものではありません。

 

あくまでも、私の実践に基づいて花粉症を完治させたノウハウであり、それを紹介したものにすぎないということをご了承ください。

 

食事療法のキモは

腸にあり!

 

食事療法のキモとなるのは、腸をきれいにすることです。この腸をきれいにすることが、すなわち花粉症を初めとするアレルギー症状の改善につながるのです。

 

では、どうしたら腸がきれいになるのでしょうか?

 

それは、1日の食事の回数と飲む水の量がポイントになります。

 

1日3食は誤り、

1日2食がベスト!

 

あなたは、1日何回、食事を摂りますか?

 

実は、食事を摂るという行為自体が、身体に大きな負担をかけているというのはご存知でしたか?

 

例えば、朝食にパンを食べたとしますと、そのパンがエネルギーになるためには、消化吸収という胃腸の働きが必要になります。

 

つまり、それだけ身体に負担をかけているということなのです。

 

では、胃腸を休ませるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

そうです、朝食を抜けば良いのです。あなたの花粉症が治らないのは、朝食を摂っているからといっても言い過ぎではないのです。

 

一般的には、朝、昼、晩の1日3食摂ったほうが良いと言われていますよね。

 

例えば、朝食を午前7時に、昼食を午前12時に、夕食を午後7時に摂ったとしますと、朝食と昼食の間隔は5時間となり、昼食と夕食の間隔は7時間になります。

 

さらに、夕食と翌日の朝食の間隔は12時間になります。

 

ただし、それだけでなく、お茶やお菓子など間食を摂ったり、夕食後にお酒を飲んだりもするかもしれません。

 

そうすると、食事の間隔が短すぎて、胃を休めるだけの十分な時間がないことがわかっていただけるかと思います。

 

こうした生活を送っていると、何らかの理由で、腸壁に傷ができてしまった場合でも、それが治癒されないままの状態が続いてしまいます。

 

そうすると、結果として、花粉症などのアレルギー症状もなかなか改善されないことになるのです。

 

実際、胃の消化能力を超えるような暴飲暴食を繰り返していると、次第に胃の働きが鈍くなっていき、分解しきれないタンパク質が増えていきます。

 

腸壁の傷が修復されていないと、そこから、その分解しきれなかったタンパク質がそのまま吸収されてしまうので、花粉症などのアレルギー症状はさらに悪化することになってしまうのです。

 

あなたが花粉症で苦しんでいる時、食欲がなくなったり、油っこいものがたべたくなくなったりしませんでしたか?

 

それは、あなたの身体が胃腸を休ませて欲しいと訴えていたからなのです。ということで、花粉症を改善するためには、1日2食にするのがベストです。

 

また、間食などはできるだけ摂らないほうがよいです。どうしても難しい場合でも、夕食と翌日の昼食の時間は、最低でも15時間程度は空くようにしてください。

 

動物性食品は控え、

腹6分目の断食1日

 

1日2食になったからといって、満腹まで食べてしまっては意味がありません。昼食と夕食は、腹6分目程度にとどめるようにします。

 

また、1週間のうち、1日は、全く何も食べない日を作るようにします。

 

そして、日々の食事で気を付けたいのは、動物性食品(乳製品や卵、肉、魚)をとらないようにすることです。これは、動物性食品は、消化吸収にとても負担がかかるからです。

 

毎食、玄米や豆腐、胡麻、海藻、生野菜をメインにおきます。こうすると、胃腸は、以前に比べて、1日8時間以上も余計に休むことができるようになります。

 

さらに、週に1度は、長時間休ませることができます。

 

こうした生活を実践していけば、花粉症などアレルギー症状はもちろん、生活習慣病も、あっという間に改善するでしょう。

 

とはいえ、こうした生活を送るのは普通の人には無理ですよね?

 

私ももちろん、このような理想的な食生活をしてみたいとは思いますが、とてもできません。ただ、知識として、ぜひ理想の食生活というものは知っておいてください。

 

これからご紹介する食事療法を実践する上でも、必ず役に立ちますからね。

 

アレルギー症状の原因は

水分不足

 

ヒトの体の約60%は水でできています。 ちなみに赤ちゃんは約75%、子供は約70%、成人では約60%、老人では50%と年齢によって分かれます。

 

成長するとともに水分の割合が少なくなっていくのは、身体についてくる必要な脂肪分だけ、水の割合が少なくなっていくからです。

 

この身体の中の水分は、私たちの身体の中で、色々なものを溶かして運んでいます。ですから、水分はとても大切なものなのです。

 

身体の中で、水は腸で吸収された栄養素を肝臓に運ぶだけでなく、それを全身の細胞にも送り届けます。

 

また、その細胞の活動の結果生じた老廃物を、尿や汗として体外に排泄するのも水です。

 

つまり、私たちの身体というのは、水なしでは生きていけないということなのです。

 

特に、老廃物の排泄においては、ほんの少しの水不足であっても、大きな影響を及ぼしてしまいます。

 

これが、体調不良の要因となり、アレルギー症状を引き起こしやすくするのです。

 

1日2リットルの

無色透明な水を!

 

アレルギー症状を引き起こさないためにも、老廃物を効率的に水に溶かして排泄したいですよね。

 

それには、何も溶けていない水、すなわち無色透明な水を大量に飲用する必要があります。理想としては、1日2リットル程度の水を飲むようにしたいです。

 

一般的な日本人の水分摂取量は、1日1リットル未満と言われています。

 

しかも、この中には、お茶やジュースなども含まれていますから、実際のところ、無色透明な水は、ほとんど入っていません。

 

このような状況では、老廃物を水に溶かすのは難しいですから、結果として、身体の中は老廃物だらけということになってしまいます。

 

ただし、身体は、この処理については何とか行おうとしますから、その他の処理が疎かになってしまうのです。

 

具体的には、次のような微量の体内毒素を身体から排泄するという処理が疎かになっていきます。

 

■食品添加物…アスパルテーム L フェニルアラニン化合物、亜硝酸塩など
■環境ホルモン…ダイオキシンなど
■残留農薬…除草剤、殺虫剤など
■有害金属…水銀、鉛など

 

こうした物質は、ガンや様々な病気の原因になったりもしますが、花粉症などのアレルギー症状の原因にもなるのです。

 

無色透明な水を1日2リットル飲むのが理想である、という意味がわかっていただけたでしょうか。

 

2リットルの水の

理想的な飲み方とは?

 

実際に無色透明な水を1日2リットル飲む場合には、いっぺんに飲むのではなく、胃に負担のかからないように飲むようにしてください。

 

例えば、朝起きぬけに300cc程度を飲んで、昼食までに700cc程度、合わせて1リットルを飲むようにします。

 

このとき、食前の30分と食後3時間は、何も飲まないようにします。

 

そして、夕食までに500cc程度を飲むようにしますが、昼食の時と同じように、食前30分と食後3時間は何も飲まないようにします。

 

さらに、寝るまでに500cc程度飲めば、全部で2リットルになります。

 

ちなみに、食前30分と食後3時間、何も飲まないようにするのは、消化のための胃液をできるだけ薄めないようにするのがよいからです。

 

なので、食事を摂る際も、できればお茶や味噌汁は控えた方がよいです。

 

このようにすれば、あなたの身体の中の老廃物はどんどん排泄されていきますし、水分に余裕が出ますから、微量の体内毒素も徐々に排泄されるようになっていきます。

 

なお、あなたがもし、食事の際に、お茶やみそ汁がないと食べ物が飲み込みにくいという場合は、唾液の分泌量が減っている、すなわち、身体が水分不足に陥っている可能性が高いです。

 

私もかつてはお茶など飲み物がないと、食べ物を飲み込みにくかったのですが、午前中に十分な水分を摂るようになってからは、そのようなことはなくなりました。

 

 

2リットルの水を

飲めない場合は?

 

これまで1リットル未満の水分しかとってこなかった人が、いきなりその倍の2リットルの水を飲むのは思っていたよりも難しいかもしれません。

 

なので、初めのうちは、1日1.5リットルを下回らないにすればよいでしょう。

 

私が実践した際には、水の入ったペットボトルを常に手元に置いておいて、15分間隔ぐらいに、少しずつ飲んでいました。

 

とはいえ、慣れてくると、2リットルを飲まないといられなくなるようになりますから、あまり心配なさらなくても大丈夫です。

 

ただし、トイレに行く回数は確実に増えますので、学校や仕事に差し支えそうなら、まずは休日に実践してみて、どの程度の間隔でトイレに行くのかを体験してみてください。

 

その体験から、学校や仕事に差し支えないように、水を飲む量をコントロールできるようにしておくとよいでしょう。

 

ちなみに、水の飲み過ぎは良くありませんので、あくまでも1日2リットルを目安にしてください。

 

飲用水は

家庭用浄水器の水道水で

 

飲む水は、家庭用浄水器で通した水道水が一番安全かつ経済的です。

 

家庭用浄水器は、特別に高価なものでなくても、ホームセンターなどで販売されている市販のもので十分です。

 

この水をペットボトルに入れていつでも飲めるように、持ち歩くようにしましょう。

 

ただし、水道水は浄水器を通ると塩素が取り除かれてしまうので、時間が経過するにつれて雑菌が繁殖してしまいます。

 

なので、冬なら1日、夏なら半日程度で飲みきってしまうようにしてください。少しでも味がおかしいと感じたら捨てるようにしましょう。

 

ちなみに、コンビニやスーパーなどで販売されているミネラルウオーターでももちろんOKです。

 

ただし、経済的な面から考えるとあまりお勧めはできません。金銭的な問題から、2リットルの水を飲むことができなくなってしまったのでは、意味がありませんからね。

 

長い目で見れば、家庭用浄水器を設置した方が経済的にも安上がりです。

 

もちろん、外出中に持ち歩いているペットボトルの水がなくなってしまったような場合には、飲むのを我慢するのではなく、ミネラルウオーターを購入した方がよいでしょう。

 

飲む水の温度は、冷た過ぎても熱過ぎても胃に負担がかかりますので、できるだけ常温に近い方がよいです。

 

アルカリイオン水は

飲んではいけない?

 

アルカリイオン水は弱アルカリ性なので、これを大量に飲むと、胃の中の酸性度が弱くなってしまいます。つまり、消化不良の原因となってしまうのです。

 

もちろん、胃酸過多を緩和する効果はあるのでしょうが、健康な人があえて飲むものではないのです。

 

ライフスタイルに合わせて

徐々に実践を!

 

さて、これまで、2つのことが大切であるとお伝えしてきました。1つは、朝食を抜くこと。もう1つは、水をたくさん飲みましょうということです。

 

このうち、水をたくさん飲むことについては、それほど難しいことはないでしょうから、今からでも実行可能なはずです。

 

あなたのライフスタイルに合わせて、できるだけたくさんの水を飲むようにすればOKです。

 

ただし、もう1つの朝食を抜くというのは、すぐに実行できないかもしれません。

 

もしできたとしても、これまでずっと朝食をとってきた人が、いきなりそれをやめてしまうと、身体の方がその変化に対応できず、体調不良に陥ってしまう恐れがあるからです。

 

さらに、突然、朝食をとらないようにした結果、昼食と夕食の量が増えてしまったのでは、却ってよくありません。

 

ですから、これまで朝食をとってきた方は、いきなりやめるのではなく、徐々に減らしていって、身体を慣れさせていくことが大切です。

 

各ステージに合わせて

始めてみましょう!

 

まず、現在、自分が以下に挙げるどのレベルにいるのかを確認します。そして、各ステージの食事療法に、しっかり身体を慣れさせていくことが花粉症完治への近道になります。

 

各ステージで2〜3日間、その食事療法を無理なく続けることができたら、次のステージへと進んでいってください。

 

最後のステージに到達する頃には、あなたの花粉症は改善されているはずですから、焦らずじっくり取り組んでいってください。

 

ステージ1

 

ステージ1にいる人は、以下のいずれかに該当する人です。

 

@1日に3食より多く食べないといられない人
A間食(クッキーやアイスなど)をやめられない人
B夜食(夕食〜就寝までの間)をやめられない人

 

もしあなたが@に該当していたとしたら、あなたの胃腸はずっと働き続けていて、休む暇がないということです。まずは、頑張って、1日3食までにするようにしてください。

 

Aの間食は、とらないに越したことはありません。

 

ですが、どうしても小腹が空いて仕方ないという時は、できるだけ食事の時間30分前後に摂るようにして、食事の量をその分だけ減らすようにしてください。

 

食前の間食なら食事の量が減らしやすいですし、食後の間食なら間食の量が減らしやすいはずです。

 

Bの夜食は、翌日の疲労の一番の原因となるものです。寝起きが悪い、あるいは午前中ぼんやりしてしまうのなら、夜食が原因の可能性が高いです。

 

お腹が空いたら寝てしまうような習慣を身につけてください。

 

夕食後3時間経過したら、たくさん水を飲んで食欲を抑えることが可能です。夜食を食べなくても、水を飲めば大丈夫なようになりますよ。

 

1日3食でしたら、夕食から翌日の朝食まで12時間ほど空きますが、この空き時間をこれ以上短くしないようにするのがコツです。

 

とにかく、食事以外に食べるのは、食べ過ぎです。

 

ちなみに、時間がなくて余裕を持った食事ができないという場合は、思い切って食事をとらないというのも1つの選択です。

 

さらに、食後の休憩も大切です。食後直ぐに動き回るのは、消化吸収の妨げになるだけでなく、胃腸に大きな負荷をかけてしまうからです。

 

できれば、食後30分ぐらいは座ったままゆったり過ごすようにしましょう。そのためにも、食事の時間には、ある程度余裕を持たせたいですね。

 

ステージ2

 

ステージ2にいる人は、以下のいずれかに該当する人です。

 

@1日3食を食べる人
A間食(クッキーやアイスなど)をやめられない人
Bアルコールをとる人

 

ステージ2では、朝食と間食を改善して、ベストの食生活に近づけていきます。朝食は、以下のメニューにしていくのが理想です。

 

ちなみに、上にあるものほど、良い朝食になります。朝食を食べるよりも食べない方が良く、固形のものより液状のものが、洋食より和食が良いということです。

 

また、量は少なければ少ないほど良いです。

 

今、あなたの朝食がパンにコーヒーなら、次は、ごはんに味噌汁、その次は果物と徐々に変えていってください。おかゆまで進めたら、ステージ3へ進んでOKです。

 

●朝食を抜く
●手作りの野菜ジュース
●市販の野菜ジュース
●おかゆ
●果物
●ごはんに味噌汁(or 漬物)
●パンにコーヒー(or ジュース)
●ごはんに味噌汁、漬物、小鉢
●パンに牛乳、サラダ、卵

 

手作り野菜ジュースは緑黄色野菜(トマトやニンジンなど)中心に、小松菜やホウレン草を加えるのが理想です。

 

食事のメニューのごはんやお粥は、もちろん白米でもよいのですが、玄米の方が効果的です。

 

初めからは難しいかもしれませんが、できるだけ玄米に近づけていくようにしてください。

 

また、よく噛むと、少食でも満足感が得られるだけでなく、消化吸収にもよいので、口に入れてから飲み込むまで、最低でも40回以上は噛むようにしましょう。

 

なお、夕食から翌日の昼食までは18時間以上空けるようにします。

 

次に、Aの間食ですが、これも朝食と同様、上にあるものほど、良い間食となり、量も少ない方が良いです。

 

間食を食べるよりは食べない方が良く、砂糖や油は少なめ、洋菓子より和菓子の方が良いということです。下から上に、順にメニューを変えていってください。

 

●間食をとらない
●きな粉や豆乳(メープルシロップやハチミツを加えてもよい)
●ナッツ類(アーモンドやピスタチオなど)
●和焼き菓子(煎餅やおかきなど油不使用のもの)
●和生菓子(団子や羊羹、饅頭など)
●スナック菓子(ポテトチップスや揚げた煎餅など)
●洋焼き菓子(ビスケットやクッキーなど)
●洋生菓子(プリンやケーキ、シュークリームなど)

 

きな粉や豆乳までメニューを変えることができたら、ステージ3へと進みます。

 

さらに、Bのアルコールについては、花粉症が完治するまでは、できるだけ控えるようにしてください。

 

アルコールを飲むと、それを分解するために大量の水分が必要になります。ですから、もし飲んだ場合は、食後3〜4時間後に500ccの水を飲むようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

コーヒーブレイク1

 

なぜ玄米が良いのか?

 

玄米は、アレルギー体質の改善には欠かせない食品だからです。白米に比べて玄米は硬いので、たくさん噛む必要があり、そのため少量でも満腹感が得られます。

 

また、玄米は生きているので、水に3日間も浸けておけば発芽玄米になりますが、発芽玄米は、玄米よりさらに栄養価が高いです。

 

さらに、玄米の胚芽に多く含まれている"アク"には、非常に強い排泄作用があり、身体の中の老廃物や体内毒素を排泄するのを助ける役割を担ってくれます。

 

この排泄作用が、アレルギーを直してくれるといっても言い過ぎではないくらいです。

 

なお、精製していない玄米は、白米よりも残留濃度が高いのですが、"アク"の排泄作用によって、農薬も排泄されてしまうので、あまり気にする必要はありません。

 

ステージ3

 

ステージ3にいる人は、以下のいずれかに該当する人です。

 

@昼食と夕食の食事の量が同じくらいの人
A動物性食品を摂る人

 

ステージ3では、昼食と夕食の内容を改善し、理想の食生活へと近づけていきます。昼食と夕食を以下のメニューにしていくのが理想です。

 

ちなみに、上にあるものほど、良い朝食で、量は少なければ少ないほど良いです。

 

●ごはん、大豆製品(納豆や豆腐など)、胡麻や海藻
●ごはん、味噌汁、大豆製品(納豆や豆腐など)、胡麻や海藻
●ごはん、味噌汁、漬物、小鉢(or魚料理)
●ごはん、味噌汁、漬物、小鉢、卵料理(or肉料理or魚料理)
●パスタ、ピザ、サラダ、スープ
●ラーメン、餃子、チャーハン

 

1食当たり、ごはんは米1合以下、豆腐なら200g以下、納豆なら100g以下、海藻なら50g以下、ゴマなら大さじ2杯以下、であれば、次のステージ4へと進みます。

 

なお、調味料は塩と酢をベースにします。醤油や味噌も使用して構いませんが、マヨネーズなど油を含んだ調味料は避けるようにしてください。

 

Aの動物性食品については、花粉症が完治するまでは、極力食べないようにしてください。

 

コーヒーブレイク2

 

動物性食品は有害物質?

 

動物性食品は、以下の4つに分類されます。

 

@乳製品
A卵類
B魚類
C肉類

 

まず@の乳製品についてですが、そもそも牛乳というもの自体、牛の赤ちゃんが飲むもので、人間が飲むものではありません。

 

ですから、乳脂肪や乳タンパク質、乳糖など、乳製品はいずれも人体にとっては有害です。また、牛乳は、腸内で腐敗しやすいので、腸壁を傷つける要因ともなります。

 

さらに、乳脂肪は血管を詰まらせることから、心臓病や脳卒中のリスクを高めますし、牛乳のタンパク質は、アレルギーを引き起こしやすいとも言われています。

 

健康のためにと牛乳を飲んでいるとしたら、それは全くの逆効果となってしまっているので注意が必要です。

 

カルシウムを摂るためでしたら、何も牛乳を飲まなくても、ゴマや海藻から摂ることもできます。

 

生クリームやチーズ、バターが美味しいから好きで食べてしまうというのなら、致し方ありませんが、できれば摂らないに越したことはありません。

 

Aの卵類についても、腸内で腐敗しやすいので、腸壁を傷つける要因となります。

 

また、卵類のタンパク質も、アレルギーを引き起こしやすいと言われていますので注意が必要です。

 

さらに、動物は卵を産むときに、親から子へ体内毒素が引き継がれる傾向がありますので、卵類には、環境ホルモンや有害金属がたくさん蓄積されています。

 

ちなみに、卵類には、タラコやいくら、数の子も入ります。

 

Bの魚類に含まれる動物性脂肪は、脂質の中では比較的良質のものといえます。実際、私たちの細胞膜をつくる原料としても、とても重要なものです。

 

とはいえ、魚類も腸内で腐敗しやすいので、腸壁を傷つける要因となります。

 

また、食物連鎖により、環境ホルモンや有害金属などがたくさん蓄積されていますので、現在は非常にリスクの高い状況にあります。

 

ちなみに、魚類に含まれている脂肪は、亜麻やエゴマなどの種実からも摂れますので、無理に食べる必要はありません。

 

もし魚類を食べる場合には、中型・大型の魚は避け、食物連鎖の下層にいる小魚を食べるようにしましょう。

 

Cの肉類に含まれる動物性脂肪というのは、脂質の中でも一番悪質と言われていて、心臓病やガンなどを直接引き起す要因になっています。

 

また、肉類に含まれている動物性タンパク質は消化されにくいので、腸壁の傷から吸収された際に、アレルギーを引き起こしやすくなります。

 

さらに、腐敗により、色々な有害ガスが発生することから、腸壁を傷つける要因ともなります。

コーヒーブレイク3

 

主要三大栄養素の摂り方は?

 

私たちは、脂質やタンパク質、糖質という主要三大栄養素を、食事から摂っているわけですが、このうち、糖質は主にご飯から摂ります。

 

また、一般的に脂質やタンパク質は、主に魚や肉など動物性食品から摂っていますが、腸をきれいにするには、動物性食品を避けた方が良いのは、前述の通りです。

 

そうなると、私たちの主なタンパク源となるのが大豆製品となりますが、特に豆腐は、消化吸収の面から言っても、これ以上優れた食品はないといっても過言ではありません。

 

鉄やカルシウム、ビタミンが豊富な豆類や種実類は、非常に優れた食品ですが、海藻にもまたビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

 

なお、脂質については、特に豆類や種実類に含まれているものが良質なので、ゴマと大豆製品からバランスよく摂るようにします。

 

ただし、脂質は食品から摂ることが大切なので、精製された食用油脂は避けるようにしてください。

コーヒーブレイク4

 

食用油脂はなぜ悪い?

 

油はどれも同じではありません。それは、油の種類によっては、健康への影響がまったく異なるからです。

 

健康に悪影響を及ぼす悪い油脂の代表的なものが動物性脂肪ですが、それよりもさらに悪いものが、マーガリンやショートニングなどの硬化油です。

 

硬化油の原料が植物油なのは事実ですが、硬化油は硬化させるときに、分子構造が壊れてしまい、トランス脂肪酸ができてしまうのです。

 

トランス脂肪酸は、心臓病のリスクを高める危険な油です。また、精製された植物油も同じようにリスクの高い油です。

 

身体に良い油は、一番搾りの植物油ですが、手軽に手に入れやすいのは、オリーブオイル(エキストラバージンのみ)やゴマ油でしょう。

 

一番搾りの紅花油や菜種油でも良いのですが、なかなか手に入りづらいと思います。

 

また、ほとんどのサラダ油は危険な油です。ですから、コーン油や大豆油、米油など、いくら安くてもこれらの油は避けた方が無難です。

 

ちなみに、もともと脂質は食品から摂るだけでも十分なのですから、わざわざ油脂を摂る必要はありません。

 

なお、亜麻仁油とエゴマ油(しそ油)という油がありますが、これらは魚油の代替にもなる優れた油です。

 

これらに含まれているαリノレン酸は、私たちの血管や細胞膜を丈夫にしてくれます。亜麻仁油とエゴマ油(しそ油)は加熱せずに、1日に大さじ1杯程度を摂れば十分です。

 

ステージ4

 

ステージ4にいる人は、以下のいずれかに該当する人です。

 

@朝食を食べる人
A昼食と夕食をたくさん食べている人

 

このステージまで来ると、花粉症の改善の兆しを実感し始める人も出てきているはずです。もし改善の兆しがみられないとしたら、まだまだ食事の量が多いからです。

 

このステージでは、食事の内容をさらに改善させて、理想の食生活に近づけていきます。

 

まず、朝食のおかゆをそろそろやめてみましょう。また、市販の野菜ジュースから手作りの野菜ジュースに変えてみましょう。

 

これは、アレルギー症の改善には、アクの強い食品を摂ることが大切だからです。

 

アクの成分である"フィチン酸"には、非常に強い排泄作用がありますので、私たちの身体の中の老廃物や体内毒素を排泄するのを助けてくれます。

 

早速、小松菜やホウレン草などを使って、手作りジュース(150ccほど)を作って飲むようにしましょう。

 

もし、手作りジュースが面倒であれば、これらの野菜を生で食べても構いません。

 

また、ゴボウや竹の子、フキなどの煮物をアク抜きせずに作り、それらを食べる際に、煮汁も飲んでしまうようにするとさらに効果的です。

 

とはいえ、朝食に野菜を食べるのは良くないので、朝食なら市販の野菜ジュースか水だけにするのがよいです。

 

Aについては、昼食と夕食の量をできるだけ減らしていきます。

 

目安としては、1食当たり、ご飯なら米半合、豆腐なら100g、野菜ジュースなら150cc、煮物やサラダなら50g、ゴマなら大さじ1杯です。

 

なお、夕食から翌日の昼食までは18時間空けるようにしてください。

 

これらの条件が満たされていれば、次のステージへ進みます。

コーヒーブレイク5

 

体重が減ってきても大丈夫なの?

 

このような食生活を続けていると、当然のことながら、体重は減ってきます。

 

ダイエットも兼ねている人なら一石二鳥ですが、もともと痩せ型の人ですと、心配にもなるかもしれません。

 

とはいえ、少しずつ食事を減らしていくと、確実に胃腸の機能が回復してきますので、少ない食事から効率よく栄養を吸収できるようになってきているはずです。

 

ですから、初めの頃は、多少体重が減りますが、その後はある一定のところで止まって、胃腸の機能が回復してくる頃にまた体重は戻ってきますので、あまり心配する必要はありません。

 

ステージ5

 

ステージ5にいる人は、いまだ花粉症が治っていない人です。

 

たいていの人は、ステージ4の食事療法を実践していれば、1週間から10日ほどで花粉症は治っているはずです。

 

ステージ4を実践し、さらに1週間を経過しても、花粉症改善の兆しが見られないようなら、このステージで、さらに消化の良い食事に変えていきます。

 

まず、朝食ですが、それまで飲んでいた野菜ジュースをやめて、午前中は水のみにします。また、昼食と夕食は、以下のメニューにします。

 

●野菜ジュース 100cc
●玄米がゆ 150g
●豆腐 50g

 

もともと柔らかい豆腐とおかゆですが、それでもゆっくり30回は噛むようにしましょう。

 

さらに、1週間に1日だけ断食の日をつくり、内臓を休め、体内毒素を一気に排泄させます。これは、仕事や学校のない休日にするとやりやすいです。

 

断食は難しくありませんが、誤った方法で行うと危険ですから、必ず以下の注意書きをよく読んで、十分に気を付けて実践してください。

 

断食を行う際の

注意点は?

 

まず、断食で一番重要なことは、水分をしっかり摂るということです。断食だからといって、まったく栄養分を摂らないわけではありません。

 

基本となる生活リズムは、これまでの生活スタイルと同じですが、昼食と夕食の代わりに、すまじ汁(500cc)から栄養を摂るようにします。

 

つまり、断食を行う日は、起床してから就寝するまでの間、水を1〜2リットル飲むのに加えて、さらに昼食と夕食にすまし汁を500ccずつ飲むということです。

 

また、断食を行った翌日は、起床後十分に水を飲んでから、朝食に茶碗1杯弱のおかゆを食べます。

 

朝食後3時間は水を飲まないようにして、昼食から元の食生活に戻すようにします。

 

なお、断食を行っている際に、気分が悪くなったら、直ちに断食を中止し、おかゆを食べてください。くれぐれも無理は禁物です。

 

また、2日以上続けての断食はとても危険ですから、やめてください。

コーヒーブレイク6

 

玄米がゆの作り方は?

 

3食分の玄米がゆは、以下のように作ります。

 

@半合の玄米を軽く水でとぎます。
A水を取り換えて、1〜3日吸水します。
B水を良く切り、新たに水2合を加えます。
C玄米をミキサーにかけて粉砕し、水とともに鍋に入れます。
※市販の玄米粉でもOKです。
Dかき混ぜながら、弱火で10分程度煮込めば完成です。
※焦げつきそうなら、少し水を加えます。

コーヒーブレイク7

 

すまし汁の作り方は?

 

まず、2食分のすまし汁の材料として、以下のものを用意します。

 

●黒砂糖 60g
●醤油 20cc
●干しシイタケ 4個
●昆布 10p角

 

そして、以下のように作ります。

 

@干しシイタケと昆布を鍋に入れて、水1000ccを加えて沸騰させます。
A沸騰する直前に、シイタケと昆布を取り出します。
B黒砂糖と醤油を加えて、十分にかき混ぜたら完成です。

 

ステージ5までで

花粉症が治らない場合は?

 

たいていの人は、ステージ5の食生活を実践していれば、2週間程度で花粉症は治っているはずです。

 

何事にも個人差がありますから、治らない人がいてもおかしなことではありません。

 

とはいえ、ここまでのステージをクリアしても、あなたの花粉症が治らない場合、私には、もうこれ以上の方策がありません。

 

残念ですが、世の中には100%の方策というのはないのも事実です。

 

もしかしたら、あなたの花粉症の原因は、胃腸によるものではないのかもしれません。あるいは、花粉症だと思っていたアレルギー症状は、実は違う病気なのかもしれません。

 

あなたのお力になれず、大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。私は医師や専門家ではありませんが、今後さらに花粉症などのアレルギー症状について学び続けていく所存です。

 

そして、なお苦しんでいる方々のために、精一杯努力したいと考えています。いつの日か、あなたの力になれる日が来ることを願っています。

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

花粉症が治った後の

食生活は?

 

あなたは、これまでの食事療法を経て、花粉症を完治されたことに、まずはお祝い申し上げます。

 

さて、花粉症が治ったからといって、かつての食生活に戻ってしまっては、せっかくのこれまでの努力が無駄になってしまいます。

 

ですから、今後の食生活も再考する必要があります。ただし、朝食抜きの生活に慣れてきたからといって、それを続けるのは危険です。

 

なぜなら、これまで紹介してきた方法は、あくまでも花粉症を治すための手法だからです。決して、健康な人が行って良い食生活ではありません。

 

一番良くないものは、野菜や玄米に含まれているアクです。

 

もちろん、アクの強い排泄作用のおかげで花粉症が治ったわけですが、アクの排泄作用は、環境ホルモンや有害物質だけではないのです。

 

身体にとても大切なミネラルも、同時に排泄してしまうのです。

 

つまり、アクの強い野菜ジュースや玄米ご飯を取り続けてしまうと、あなたの身体はミネラル不足に陥ってしまうということです。

 

とはいえ、朝食を抜くことや少食にすること、また、大量の水を飲むことは、健康のためにも良いことは同じです。

 

花粉症が治った後の

食事メニュー

 

例えば、次のようなメニューにするのが理想的です。

 

●ゴマ 大さじ1杯
●野菜(or海藻) 50g
●豆腐 100g
●ご飯 白米半合

 

野菜はアクのないものを選択し、もしアクが強い野菜なら、十分にアク抜きをしてください。

 

水を1日2リットル程度飲むようにしつつ、朝食は抜いて、こうした食事を昼食と夕食に摂るようにします。

 

といっても、もう花粉症は治ったわけですし、病人ではありませんから、それほど厳格に行う必要もありません。時には、ケーキやハンバーグなど、あなたが好きなものを食べてもよいのです。

 

飲み会やパーティで深夜まで飲食してしてしまったら、翌日は夕食まで何も食べないようにするなどして、上手くコントロールしてください。

コーヒーブレイク8

 

砂糖は黒砂糖を使いましょう!

 

砂糖は、私たちのエネルギー源として重要なものだと考えている人もいるようですが、それは間違いです。

 

糖質は主要三大栄養素の1つですが、主としてデンプンのことを言い、砂糖ではないからです。

 

ちなみに、デンプンを分解して作ったものが砂糖です。

 

砂糖は消化吸収が良すぎるので、取り過ぎると急激に血中の糖濃度が上昇してしまいます。

 

当然、身体はそれを下げようとするのですが、上手くいかずに下げ過ぎてしまうのです。

 

それが、低血糖症と呼ばれる、血糖値が上昇しない状態で、うつ病や精神障害を引き起こす原因となるのです。

 

また、砂糖の取り過ぎは認知症の原因にもなるとも言われています。

 

砂糖が消化吸収されるには、ビタミンやミネラルが必要になるため、砂糖を取り過ぎるとビタミン不足やミネラル不足を引き起こしてしまいます。

 

最近は、カルシウムを加えたお菓子が販売されていたりしますが、あれは却って逆効果になることもありますから注意が必要です。

 

砂糖は、私たちが生きていくために必要な食品ではありません。

 

ですから、なるべく摂らない方が良いですし、どうしても使う場合は、黒砂糖を使うようにしたいです。

 

というのは、黒砂糖は、砂糖と比較すると、消化吸収がゆっくりなので、血糖値が急上昇するのを防げるからです。

 

また、黒砂糖には、ミネラルがたくさん含まれているというメリットもあります。

コーヒーブレイク9

 

塩は岩塩を使いましょう!

 

塩は、私たちが生きていく上で必須の食品です。

 

よく塩は血圧を上昇させるので控えましょうと言われすが、実はあまりよくわかっていないのが真実です。

 

ちなみに、塩は細菌の繁殖を抑える働きがあるので、むしろ多く摂った方が良いという説もあります。

 

いずれにしましても、塩は、多からず少なからず、適量を摂るのが良いということですね。

 

最近は、海水から作られた天然の"自然塩"がもてはやされていますが、これは非常に危険です。

 

というのは、海水には、"にがり"がたくさん含まれているからです。

 

にがりには、強力なタンパク質凝固作用があるので、これが身体の中に入ると、タンパク質が凝固し内臓が硬化してしまうからです。

 

ですから、塩を使う場合は、このにがりを取り除いて十分に精製されたものを選ぶべきなのです。

 

そうはいっても、にがりを完全に除去することはできません。

 

そこで、お勧めしたいのが岩塩です。

 

岩塩は、以前よりも手に入りやすくなっていて、大きめのスーパーなら取り扱っていますから、ぜひにがり(塩化マグネシウム)を含まない岩塩を探してみてください。

 

ちなみに、醤油や味噌についてですが、それ自体が悪いということはありません。

 

ただし、その中に使用される塩が上記のように悪質なものが多いので、できれば控えたいところです。

 

最近は、にがりを含まない塩を使用した醤油や味噌も販売されているようですから、そちらを使ってみるのもよいでしょう。

 

なお、にがりはそれ自体が有害なのであって、タンパク質に作用させたものは無害です。

 

つまり、豆腐やこんにゃくなど、にがりで凝固させた後の食品は、何も問題ありませんので安心して食べて下さい。

 

メディアの健康情報に

躍らされない!

 

最近は、健康ブームもあって、特にテレビや雑誌では様々な健康情報が氾濫しています。

 

もちろん、それらの健康情報を信じるも信じないもあなた次第ですが、そういった情報の中には、正しいものもあれば、誤っているものもあるということだけは知っておいて下さい。

 

テレビである食品が健康に良いと言われると、スーパーやネットショップからその食品が消えるといった現象も起きたりします。

 

ただし、どのような食品にも良いところがあれば、悪いところもあるのです。ところが、メディアでは、良いところばかりに着目しがちです。

 

このマニュアルでご紹介したアクの強い食品にも、良いところもあれば悪いところもありましたよね。

 

また、どんなに良い食品であっても、食べ過ぎては逆効果です。

 

健康情報に関心が高いことは、決して悪いことではありませんが、メディアの情報を鵜呑みにせず、インターネット等を活用して、自分でも調べる習慣をつけるようにしてください。

 

それでは、あなたがこれからも理想的な食生活を、無理せず楽しみながら送れることを願っています。

 

最後に

 

花粉症が治る究極の食事療法は、いかがだったでしょうか?

 

そのためには、朝食を抜き少食にしなければならないということがわかっていただけたと思います。

 

朝食を摂ることが、どれだけ大切なのかを訴える論調の多い中、それとは真逆のことを実践することにためらいがあるかもしれません。

 

とはいえ、もともと日本人は朝食を食べていなかったという事実を知っていただければ、その考え方も変わるはずです。

 

日本人が朝食を摂るようになったのは、江戸時代からと言われています。それまでは、朝食を摂らずとも、元気に暮らしていたのです。

 

もしそれほど朝食を摂る習慣が大切なら、人類誕生の頃からなされていてもおかしくありませんよね。

 

また、朝食を摂ることの有用性を説く学者や専門家は、自分に有利なデータばかりを集めてきて結論を導くのですから、そのような結果になるのは当然です。

 

しばしば朝食を抜いたことで体調不良になったという人がいますが、それは、朝食を抜いたことが原因ではなく、慣れないことを急に始めて、身体が付いていかなかったことが原因です。

 

1日3食から2食への移行をゆっくり行えば、そのようなこともないでしょう。

 

それから、朝食を摂らないと、脳にブドウ糖が供給されないとおっしゃる方もいます。ところが、実際には、朝食を摂らなくても、ブドウ糖は肝臓から十分な量が供給されます。

 

もし、ブドウ糖が足りなくなっても、脳は別のエネルギーを利用しますので、何の問題もないのです。

 

もちろん、朝食を抜き始めた直後は、こうした機能が上手く働かない可能性もありますが、慣れてくるにしたがって、次第に回復してくるはずです。

 

朝食を摂らなくてもよい理由は、挙げればキリがないのですが、百聞は一見にしかず。とにかく実践していただければ、10日もしないうちに納得していただけるはずです。

 

さて、ここまで、1〜5の各ステージに合わせた食事療法を紹介してきましたが、一番重要なのはストレスを溜めないことです。

 

ストレスのせいで、却って食事の量が増えてしまったのでは元も子もありません。

 

ですから、そのようなことにならないよう、我慢するのが辛い場合は、無理をせず、ストレスにならないよう全体的に量を抑制するようにしてください。

 

このマニュアルで紹介した食事療法は、あくまでも目安ですから、多少はみ出しても構いません。

 

なお、当マニュアルでは、朝食を抜いた1日2食をお勧めしてきましたが、夕食を抜いて1日2食にするのでも構いません。

 

要するに、重要なのは、食事と食事の間隔を空けることですから、それさえ守っていただけたら良いのです。

 

忙しい現代人は、人それぞれライフスタイルも違いますので、朝食を抜くよりも夕食を抜く方がやりやすいという人もいるでしょう。

 

夕食を抜く場合は、昼食から翌日の朝食までの時間を十分に空けるようにしてください。

 

ということで、このマニュアルで私がお伝えしたいことはこれがすべてです。あとは、あなたが行動するのみです。

 

私のようなルーズな人間でもできたのですから、あなたなら必ずできるはずです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。あなたの花粉症が1日も早く治りますように。

 

スポンサーリンク

関連ページ

腸内環境を改善する方法?腸内細菌の善玉菌と乳酸菌の効果は?
腸内環境、腸内フローラ、乳酸菌の悩みに関する情報です
腸内フローラの改善はどうすればいいの?
腸内環境、腸内フローラ、乳酸菌の悩みに関する情報です
乳酸菌(腸内細菌)で免疫力向上!コッカス菌で悪玉菌を抑え善玉菌状態に!
腸内環境、腸内フローラ、乳酸菌の悩みに関する情報です