腸内フローラの改善はどうすればいいの?

腸内フローラの改善は

どうすればいいの?

 

最近、テレビなど「腸内環境を改善しましょう!」というような情報番組が多いですね。

 

私も腸内環境や免疫力については、かなり関心がある分野なので、よく見るようにしています。

 

1月12日火曜日の『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』でも、「腸内細菌のバランスを良くする腸内フローラの最新改善法」なるテーマで放送されるそうなので、今から期待しています。

 

その前に、自分で調べられることをまとめてみました。

 

もしあなたが腸内環境のことで悩んでいるのでしたら、お役に立てる情報があると思います。

 

スポンサーリンク

 

腸内フローラの改善なら

ヨーグルト

 

腸内フローラによって、免疫力が改善されると言われていますよね。

 

我が家でも、腸内フローラについては、常に気にかけていたりします。

 

朝はヤクルト400を飲んで、さらに朝晩には、豆乳ヨーグルトも食べるようにしてみたり…。

 

かなり以前は、ダノンビオも食べていました。

 

でも、ダノンビオは、2週間で効果が出ると言われていた割には、あまり効果を実感できなかったんですよね。

 

もちろん、腸内フローラの改善の効果が見え始めるまでには、個人差があるのですけれど…。

 

ただ色々と調べた結果、日本人には、植物性乳酸菌のヨーグルトの方が合っているようだということがわかりました。

 

それもあって、現在では、トーラクの「豆乳で作ったヨーグルト」を食べるようにしています。

 

腸内フローラの改善は

痛風にも効果あり

 

今、20代でも尿酸値が高く痛風になる人が増えているそうです。

 

最近は、プリン体が入っていないビールなども販売されていますが、アルコールが自体が尿酸の原料になるんですよね。

 

ですから、痛風ならアルコールは控えた方がよいでしょう。

 

また、腸内フローラの改善は、尿酸値には直接影響はないのですが、実は間接的には影響を与えます。

 

なので、毎食、少量の漬物やキムチを食べたり、就寝前に少量のヨーグルトを食べると、腸内フローラの改善に効果があります。

 

ちなみに、朝と夜に、牛乳にハチミツを溶かして飲むのも効果があるんですよ。

 

腸内フローラの改善で

肌荒れも改善します

 

私も以前、肌荒れがすごくて悩んでいたことがあるのですが、ヨーグルトを食べて改善した経験があります。

 

そもそも肌荒れというのは、身体の中の疲れや老廃物が皮膚の表面に表れるものですから、やはり腸内環境を改善するのが効果的なのでしょうね

 

腸内フローラというのは、善玉菌と悪玉菌が押し合うように存在しています。

 

そして、この善玉菌が悪玉菌よりも多い状態であれば、腸内環境は良好といえます。

 

なので、腸内フローラを改善するためには、この善玉菌を増やす努力をすればよいということになります。

 

先ほど説明しましたように、乳酸菌を積極的に摂ることで、便秘などが改善されれば、次第に肌荒れも良くなってくるでしょう。

 

腸内フローラの改善なら

ヤクルト400とカスピ海ヨーグルト?

 

乳酸菌も色々ありますから、ヨーグルトを買おうとスーパーに行っても、迷ってしまうことがよくありますよね。

 

我が家では、ヤクルト400はスーパーでは手に入らないので、週1回ヤクルトレディの訪問販売を利用しています。

 

ただ、ヨーグルトに比べると、やはり経済的にはかなりの負担です。

 

ちなみに、ヤクルト400とカスピ海ヨーグルトですが、これは全くの別物です。

 

ヤクルト400は

生きたままの乳酸菌が腸内に届きます

 

ヤクルト400は、シロタ株という乳酸菌が400億個も入っていることで知られていますよね。

 

俳優の渡辺謙さんが、白血病の闘病中にずっと飲んでいた話はあまりにも有名です。

 

ヤクルト400は、生きたままの乳酸菌が腸内まで届くことによって、その効果を発揮するものです。

 

ヤクルト400の効能は、ヤクルトの特定保健用食品の許可表示を見ると、「良い菌を増やして、悪い菌を減らして、おなかの調子を整える」とあります。

 

つまり、下痢や便秘の改善が期待できるということですね。

 

また、NK細胞を活性化させるとも言われていますので、いわゆる免疫力を高める効果も期待できます。

 

免疫力が高まると、感染症の予防はもちろん、食中毒の予防にもなります。

 

ただ、ヤクルトはかなり甘いので、糖分が気になる方もいらっしゃるかもしれません。

 

1本62kcalですから、乳酸菌をたくさん摂りたいと思っても、せいぜい1日2本が限度になるのではないでしょうか。

 

ヤクルトの会社側としては、腸内フローラの改善の目安として、1日1本毎日継続して飲むことを推奨しているようなので、それで十分でしょう。

 

スポンサーリンク

 

カスピ海ヨーグルトは

乳酸菌の効果は低いです

 

一方、カスピ海ヨーグルトというのは、純粋なものでしたら、以下の3種類の微生物が入っています。

 

・ストレプトコッカス クレモリス乳酸菌
・グルコノバクター菌 (桿菌かんきん)
・リューコノストック菌 (球菌)

 

この3つの微生物のうち、ヨーグルトになるためには、グルコノバクター菌 (桿菌かんきん)は必須の微生物になります。

 

また、乳酸菌といっても、ストレプトコッカス クレモリス乳酸菌は、腸内に達するまでに死滅してしまうので、生きたまま達することはできないのですね。

 

ただ、死滅した菌の成分は、腸内細菌のエサになりますから、間接的には、腸内フローラの改善に役立つと言えそうです。

 

このように、カスピ海ヨーグルト自体には、乳酸菌の効果が直接あるわけではないのです。

 

それよりはむしろ、血中のコレステロール値を下げるなど、本来のヨーグルトとしての効果を期待できるということなんですね。

 

いずれにしましても、ヤクルト400もカスピ海ヨーグルトも、続けていけば、腸内フローラの改善には直接・間接に効果があるということです。

 

カスピ海ヨーグルトは、無糖なので、糖分を自分で調節できるのがいいですよね。

 

プレーンでいただいてもクセがないので食べやすいですし。

 

腸内フローラの改善に役立つ

食べ物は?

 

まずは野菜ですね。

 

野菜は腸内フローラの改善には必須と言っても過言ではない食物ですから。

 

根菜、もやし、葉物野菜など、野菜にも色々な種類がありますが、それらをたくさん食べるのがポイントです。

 

次に、発酵食品ですね。

 

醤油や味噌、漬物、納豆だけでなく、バターやチーズなどの発酵食品も、腸内の善玉菌を増やすのには必須の食品です。

 

さらに、オメガ3のオイルも腸を太りにくくするには必須なんですよ。

 

オリーブオイルをはじめ、アマニ油やエゴマ油など、オメガ3脂肪酸が豊富なオイルをたくさん摂ると良いです。

 

我が家では、アーモンドやクルミをネットでまとめ買いして常備していますが、ナッツで摂るのもお勧めです。

 

オイルのカロリーを気にして、摂取するのを控えてしまうと、肌の乾燥や代謝を減退させてしまう恐れもありますので、注意してくださいね。

 

適度に良質な油を摂るのはとても大切ですからね。

 

善玉菌を増やす

食べ方は?

 

腸内フローラを改善するには、腸内に善玉菌を増やす食品を食べるタイミングも重要になってきます。

 

そのタイミングとは、ズバリ食前です。

 

もちろん、食事をとりながらでも構わないのですが、できるだけ善玉菌に良いと言われているものから食べるようにしたいです。

 

間食をする場合には、腸内環境に良いもののみを摂るようにしましょう。

 

また、間食の際、悪玉菌を増やす食品のみを摂るのが一番よくありませんので、それだけは注意してくださいね。

 

例えば、ジュースにケーキ、クッキー、スナック菓子など、悪玉菌ばかりを増やしてしまう食品のみの間食を続けてしまうと、腸内では善玉菌が急減してしまいます。

 

というわけで、本日は、どうしたら腸内フローラが改善できるのかについてまとめてみました。

 

あなたの腸内フローラの改善に、この記事が少しでもお役に立てればうれしいです。

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

腸内環境を改善する方法?腸内細菌の善玉菌と乳酸菌の効果は?
腸内環境、腸内フローラ、乳酸菌の悩みに関する情報です
乳酸菌(腸内細菌)で免疫力向上!コッカス菌で悪玉菌を抑え善玉菌状態に!
腸内環境、腸内フローラ、乳酸菌の悩みに関する情報です
たった10日間で花粉症が完治した究極の方法
花粉症が完治した究極の方法に関する情報です