脳血栓とは?

脳血栓とは

どのようなもの?

 

脳血栓とは、動脈硬化が進んでいって、
血管が詰まってしまうことをいいます。

 

こうした脳血栓ですが、
これは血圧が下がる夜の睡眠中に起こることが多く、
高齢者で血圧のやや低い人に多く見られます。

脳血栓の原因と症状には

どのようなものがありますか?

 

脳血栓の原因は何かということですが、
脳血栓は、不整脈、心臓病などのほか、
飲みすぎによる急な血圧の低下や、
脱水による血液の濃縮などによって起こります。

 

脳血栓の症状としては、はじめは片側の感覚がなくなってきて、
時間が経過するに従って、まひがすすんでいきます。

 

スポンサーリンク

動脈硬化

 

ここで、動脈硬化について、
とてもよくわかる動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

動画の要旨

 

本日は、動脈硬化についてのビデオを観ていただき、
その後に説明をさせていただきます。

 

動脈の弾力性が失われて硬くなったり、
動脈内に様々な物質が沈着して血管が狭くなり、
血液の流れが滞る状態です。

 

大動脈、小動脈、冠動脈など、比較的太い動脈において、
コレステロールなどの脂肪からなる粥腫(じゅくしゅ)ができ、
血液の通り道が狭くなることで引き起こされます。

 

また、何らかの原因で、血管が硬くなり、血液の流れが悪くなる場合や
脳や腎臓の中の細い動脈が硬化して血液が滞る細動脈硬化の場合もあります。

 

悪化すると心筋梗塞、脳梗塞などの
重大な病気の原因になることもあるため注意が必要です。

 

動脈硬化は全身の動脈で起こり、
様々な症状を引き起こす原因となりますが、自覚症状がなく、
症状が出た時には、すでに重症化している場合が多く見受けられます。

 

動脈硬化が原因で、特に起こりやすい病気は、脳卒中、狭心症、
心筋梗塞、大動脈瘤、腎硬化症、閉塞性動脈硬化症があります。

 

動脈硬化の予防は、生活習慣の改善や薬物療法などがあります。
健康診断で悪玉コレステロールが高いと「脂質異常症」の場合などがあります。

 

その際は早めに、専門医に相談しましょう。ビデオで観ていただいたように、
動脈硬化は全身病で、様々な疾患を引き起こします。

 

頭の脳梗塞、脳卒中から内臓の病気、
そして心筋梗塞、下肢の血行障害、動脈瘤と様々です。

 

初期の段階では、全く自覚症状が出ませんので、
定期的な検査を受けていただき、少しでも当てはまる症状がありましたら、
専門医の受診をお勧め致します。

 

スポンサーリンク