血圧が高めの人の食事の留意点は?

血圧が高めの人の

食事の留意点は?@

 

血圧が高めの人の食事は、
どのような点に注意したらよいのでしょうか?

 

血圧の高い人は、
脳卒中や心臓病の引き金にならないように
血圧の安定を図ることが大切です。

血圧が高めの人の

食事の留意点は?A

 

よって、食事については、次のような点に注意しましょう。

■塩分を控えましょう。これは、だし汁などを工夫するとよいでしょう。
■食物繊維の摂取量を増やしましょう。
■たんぱく質を毎食後とにとれるように工夫しましょう。
■肥満にならないように過食を避けましょう。

 

スポンサーリンク

血圧の下が高い人の

原因と改善方法!

コレすればもう心配なし!

 

ここで、血圧の下が高い人のために
参考になる動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

動画の要旨

 

血圧の下を下げる方法について、今回は話していきたいと思います。
オープニングで書いてあるんですけれども。

 

血圧の下というのは、拡張期血圧だとか、最低血圧と言います。
このことも踏まえて色々と、話していきたいと思いますので、
よろしくお願いします。

 

まず、おさらいなんですけれども。
血圧というのは、先程少し言ってしまったのですけれども、
収縮期血圧と拡張期血圧があります。

 

で、最高血圧と最低血圧とも同時に言いますね。
また、上の血圧とか下の血圧とかとも言いますね。

 

タイトルは下の血圧と書いてありましたけれど、そういう呼び方もあります。
今回話していくのは、下の血圧、拡張期血圧(最低血圧)のことになります。

 

血圧の下が高い状態というのは、どういうことですかというと。
まず、拡張期血圧(最低血圧)というのは、
心臓が血液を出していない状態の時の血圧なんですよ。

 

最高血圧ですね。最高血圧というのは、心臓が収縮した時。
ですから、全身に血をめぐらしている時の血圧。

 

で、拡張期血圧(最低血圧)というのは、
その逆で、心臓が血液を出していない状態。

 

下が高いというのは、ここに書いてありますように、
動脈硬化が起こっていたりだとか、流れが悪くなっているときに、
上がりますと。

 

そして、これが驚くべきことなんですけれども、
この下が高いという状態は、今の医学をもってもしても、
証明されていないんですね。謎なんですよ。

 

わかっていることは、下が高くなると、
上も同時に上がっていくということがわかってくるんですよ。
時間差で。

 

ですから、血圧が何か下だけ上がったなと思ったら、
血圧の上も上がっていってしまうという。

 

若い方は、そうではなくて、下だけ高いという方もたまにいるらしいですね。
これは本当に珍しいパターンなんですけれども。

 

血圧の上、ですから、収縮期血圧は大丈夫なんですけれども、
拡張期血圧だけ高いという人が、若い人にいるらしいんですけれども。

 

そういう人の場合は、先程、
下も上がると上も上がってしまいますよと言ったんですけれど。

 

そうじゃなくて、そういう体質の方というのは、たまにいらっしゃるみたいなので。
あまり若いときというのは、あまり気にしないでもいいかもしれませんね。

 

20代とか10代とか。30代後半ぐらいから、結構、最近は高血圧の方。

 

僕も層だったんですけれど、そうなってきているんで、
ちょっとそこは用心した方が良いと思います。

 

血圧の下を下げる方法というのは、これは私の経験上とか、
あとは他のインターネットだとか、私の友人の先生とかに色々と話した結果、
降圧剤だと下がりづらいんですよね。

 

上というのは結構下がるんですよ。降圧剤、いわゆる薬を飲むと、
最高血圧とか収縮血圧とか、そういうのは下がるんですけれども。

 

下の血圧、拡張期血圧(最低血圧)というのは、下がりづらいんですよ。

 

ですから、先生、上は130から120ぐらいまで落ちたんですけれど、
下が90ぐらいから全然下がりませんと。

 

何か下がらなくなってしまったんですよと。上と下のと。
その人自体が本当はあまりよくないんですけれども。
そういう現象というのは結構起きているんですよ。

 

ただ、そういう状態でも、運動療法、有酸素運動ですね。
要は、ジョギングしたりとか、マラソンしたり、ウォーキングでもいいですね。

 

自転車とか水泳とか。そういうのをやると下が下がるというのが、
年々証明されてきているんですよ。
むしろ、下は運動療法じゃないと、下がりづらいというのは。

 

結構これ、一般では言われていないかもしれないんですけれど、
医学業界の中では、かなり言われています。

 

ですから、有酸素運動をしましょうと。
そうなんですよ、血圧の下というのは、
運動療法、有酸素運動しかなかなか下がらないと言われていますので。

 

これって結構、大変なことじゃないですか。
毎日歩いたりとか走ったりとかって、大変ですよね。

 

でもこれをしないとやはり血圧の下は、
拡張期血圧(最低血圧)とかは下がらないんで、頑張って取り組んでみてください。

 

スポンサーリンク