コレステロール値が高い人の食事の留意点は?

コレステロール値が高い人の

食事の留意点は?@

 

コレステロール値が高い人の食事は、
どのような点に注意したらよいのでしょうか?

 

コレステロール自体は、からだに必要なものなのですが、
とりすぎると動脈硬化をすすめる要因になるといわれていますので、
注意が必要です。

コレステロール値が高い人の

食事の留意点は?A

 

よって、コレステロール値が高めの人は、
次のような点に注意しましょう。

 

■動物性脂肪よりも植物油を多めにとるようにしましょう。
■エネルギーをとりすぎないようにしましょう。
■コレステロールを多く含む食品は控えましょう。
■食物繊維の多い食品をとるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

コレステロールの食事制限 

実は無意味だった?

 

ここで、コレステロールについて、
ちょっと今までの考え方が覆るような動画がありましたので、
紹介したいと思います。

 

動画の要旨

 

悪玉コレステロール、食べ過ぎても問題なし?
昔から取り過ぎは良くないと言われるコレステロール。

 

過剰に摂取して血液中のコレステロール濃度が増加すると、
血管の内側にこびりついて動脈硬化を引き起こし、
心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めるとされていました。

 

そのため卵やバターなど、
コレステロールを多く含む食品の取り過ぎは危険と言われていたのですが、
2015年に入り、厚生労働省がコレステロールの摂取制限を撤廃したのです。

 

一体なぜ?
実は、体内のコレステロールの7割から8割は肝臓でつくられており、
食べ過ぎた場合は、自動的に作る量を減らしてくれます。

 

コレステロールの摂取量と心筋梗塞などの関連性には、
科学的な根拠はないのです。

 

これを受け、日本動脈硬化学会は声明を発表。
食物繊維の摂取や運動など、全体的な生活習慣の改善が大切としています。

 

スポンサーリンク