貧血の人の食事の留意点は?

貧血の人の

食事の留意点は?@

 

貧血の人の食事は、
どのような点に注意したらよいのでしょうか?

 

貧血とは、栄養素が不足したり過労や病気などで、
血液中の赤血球のヘモグロビンが減少し、
酸素を運ぶ働きが鈍くなる状態をいいます。

 

貧血の人は、医師の診断を受けて
原因を調べてもらうとよいでしょう。

貧血の人の

食事の留意点は?A

 

貧血の人の食事については、次のような点に注意しましょう。

■鉄分やたんぱく質を多く含んだ食品をとるようにしましょう。
■食生活を規則正しくしましょう。
■新鮮な野菜や果物でビタミンCを多くとりましょう。
■造血作用に必要な物質を含む食品をとるようにしましょう。
■ゆっくりよく噛んで食事をするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

貧血を予防・改善する食べ物

四日市市「あかり整体」

 

ここで、貧血の人にとって、
とても参考になる動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

動画の要旨

 

今日は、貧血を予防する強い味方である食材をご紹介したいと思います。
あなたは貧血気味ではありませんか?

 

今、貧血気味じゃないあなたも、女性は貧血になりやすいですので、
今からご紹介する食材をなるべく取り入れて、
貧血予防や改善にお役立てください。

 

貧血予防には様々な食材がありますが、今回選んだのは1つです。
これはとても取り入れやすいので、選んでみました。それはゴマです。

 

なぜこのゴマを選んだかというと、
100g中に9.9ミリグラムの鉄分が含まれているからです。

 

比較をすると、ほうれん草の約5倍、レバーは約4ミリグラムと言われています。
すごく鉄分が多いほうれん草やレバーより、
ゴマの方が多く含まれていることがわかります。

 

鉄分は、とても吸収率が悪いミネラルです。吸収率は8%と言われています。
なので、ちょっとした工夫が必要になります。

 

それは注意点として、@ビタミンCと一緒にとること。
鉄分は、ビタミンCと摂ることで、吸収率がアップします。

 

なので、なるべくビタミンCが多く含まれたものと一緒に採ってください。

 

A緑茶、紅茶は鉄分の吸収を妨げます。
なので、食事中にお茶を飲みたい場合とかは、緑茶はなるべく避けましょう。
紅茶もあまり飲み過ぎないようにしましょう。

 

今日は、貧血を予防する強い見方である食材を選びました。
ご紹介しました。

 

胡麻は食材と言っても、日々取り入れやすいと思います。

 

ほうれん草のおひたしにかけてみたり、おにぎりに混ぜてみたり、
色々な形で使いやすいと思いますので、ぜひ毎日取り入れていただいて、
貧血の予防や改善にお役立てください。

 

スポンサーリンク