福祉用具はどのように分類されるのですか?

福祉用具は

どのように分類されるのですか?@

 

福祉用具は、以下の6つに分類されます。

■自助具
■看護・介助・介護機器
■レクリエーション娯楽用具
■機能低下防止のための運動機能訓練機、スポーツ用品
■社会生活用具
■環境設備機器

 

では、以下、具体的にみていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

福祉用具は

どのように分類されるのですか?A

 

■自助具
○自助具
・日常生活の用を足す目的で使用する小道具などをいいます。

 

○狭義の補装具
・身体障害者福祉法や児童福祉法などに定められた義肢、装具をいいます(健康保険適用の治療訓練用の装具は除外されます)。具体的には、義肢、装具、車いす、義眼、点字機、弱視眼鏡、白杖、補聴器、人口咽頭エレクトロラリンクス、尿収機、人工肛門、人口膀胱(ストマ用具)などです。

 

○日常生活用具
・日常生活の用を足す目的で使用する大道具などで、公的に認知されたものとされていないものがあります。

 

■看護・介助・介護機器
ベッド上での動作、移乗・移動動作、食事動作、整容動作、入浴動作、排泄動作に関わるすべての介助・介護をするときに必要になる機器類が含まれます。ただし、介護用車いすは補装具には区別されません。

 

■レクリエーション娯楽用具
単純な遊びのための用具とは区別され、主に遊びを通じて脳の活性化を促進させたり、小児の知的な発達を促し、高齢者の知的水準の低下を極力防止するための機器のことをいいます。

 

■機能低下防止のための運動機能訓練機、スポーツ用品
レクリエーション娯楽用具とも共通する部分もあり、楽しみながら、機能の低下を防止する用具の開発も進められています。高齢化が進むにつれて種類が増加していくことが予想されます。

 

■社会生活用具
ECS環境制御装置も、日常生活的な用いられ方と同時に社会生活の場でも職業上の特定の機能を果たすものとしての用いられ方や、介助介護用具としての使われ方もあります。自動車などの移動機器やコンピュータなどの使用が見込まれます。

 

■環境設備機器
住宅におけるバリアフリーデザインだけでなく、すべての生活の場での不利益を生じさせないための用具のことをいいます。

 

スポンサーリンク

BCC 福祉用具

「歩行器編」

 

ここで、歩行器の使い方に関する動画を紹介したいと思います。

 

動画の要旨

 

福祉用具第三回は歩行器です。
歩行器の種類は様々ですが、
今回は固定式タイプと交互式タイプについて説明します。

 

固定式タイプは、地面と足との接地面が動かないため、
体重をしっかり支えることができ、歩行時の安定性が高いことが特徴です。

 

また、固定式タイプは、立ち上がり専用グリップが付いていて、
楽に立ち上がり、歩行動作に移れます。

 

使用方法は、しっかりとグリップを握り、歩行器を少し前に出します。

 

4点の足が地面についた後で、歩行器に体重を乗せながら、
交互に足を前に出し進みます。

 

歩行器自体を持ち上げて移動するため、腕力が必要となりますが、
軽いものでは1キロ弱のものもありますので、女性の方でも問題なく使用できます。

 

また、他のタイプの歩行器に比べると、
多少の段差は問題なく越えることができます。
次の交互式タイプです。

 

交互式タイプの使用方法は、右側のフレームを前に出し、左足を前に出します。
次に左側のフレームを前に出し、右足を前に出します。
この一連の動作を繰り返しながら移動します。

 

左右のフレームを交互に前に出して進むため、
固定式タイプの歩行器にに比べると、腕力はあまり必要とされず、
左右どちらかの足が常に設置しているため、
足下のおぼつかない人にも有効です。次回は特殊寝台です。

 

スポンサーリンク