福祉用具支援の原則と位置づけ

福祉用具支援の原則とは

どのようなものですか?

 

簡単にまとめると、以下の5つになります。

■本人の能力と福祉用具の性能が一致しているかどうか。
■介護者がその福祉機器を使えるかどうか。
■その住居で使える用具かどうか。
■いくつかの福祉用具を使う場合に福祉用具同士が矛盾しないかどうか。
■費用負担はどうか。

福祉用具支援は、

どのように位置づけられているのでしょうか?

 

次のように位置づけられています。

■福祉用具支援は生活支援の一部分です。
・福祉用具を利用することで安易に問題の解決につながることが多くあります。

 

・生活状態によっては、他の手段が適していることももちろんあります。

 

■福祉用具は目的に合わせてうまく使いこなしましょう。
・福祉用具支援には、自立支援と介護負担の軽減というふたつの側面があります。

 

■他のサービスと相互補完の関係
・福祉用具の導入を決めた場合でも他のサービスとの調整が必要になります。

 

・代表的なものとしては、福祉用具の利用と住宅改修とは一体になって運用されるサービスです。

 

■福祉用具の導入は生活改善の起爆剤です。
・はじめは比較的なじみやすいベッドや車いすといったものから導入し、使っているうちに、予想を上回るような効果を実感できたりすると、福祉用具に対する抵抗感がなくなります。

 

・あきらめたり、低下した生活レベルに我慢していた人が「まだまだ改善できるかもしれない!」と感じてくれれば、大きな自信と生活を変化させようという動機にもつながります。

 

スポンサーリンク

福祉用具貸与

=介護サービス紹介=

 

ここで、福祉用具貸与に関する
基本的なことがわかる動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

動画の要旨

 

福祉用具貸与とは、在宅で要介護状態の方が、
日常生活の自立を助けるための福祉用具を借りることができるサービスです。

 

一般的には、福祉用具レンタルと言います。レンタル品目は12種類あります。

 

具体的には、
@車椅子。
A車椅子付属品。これはクッションなどです。
B特殊寝台。これは、介護ベッド、電動ベッドのことです。
C特殊寝台付属品。これは、マットレスや柵などのことです。
D床ずれ防止用具。これはエアーマットなどです。
E体位変換器。起き上がり補助装置も含みます。
F認知症老人徘徊感知器器。これは、ベッドの下に置くセンサーマットのようなものです。
G移動用リフト。
H手すり。工事不要のものです。
Iスロープ。これも工事不要のものです
J歩行器。シルバーカーのようなものも含みます。
K歩行補助杖。などがあります。

 

要介護1、要支援1、2の方でも、福祉用具に関するご相談や
お問い合わせについては、福祉用具専門相談員が対応できます。

 

また、介護保険を使わずに、業者が独自に設定した料金で
介護ベッドや車椅子などを借りることもできます。

 

介護保険によるレンタルの特徴は、
月額利用料の1割の自己負担で利用できるということ。
修理点検や交換などが無料でできること。

 

福祉用具専門相談員とは、厚生労働省の定めた講習をした要資格者のことです。

 

福祉用具は誤った使用方法をすることで、
事故につながったり、却って自立を阻害してしまうこともあります。

 

そのため、納品の際には、実際に使用していただき、
使用上の注意を詳しく説明しています。

 

その後も定期的にメンテナンスに伺い、修理交換にも迅速に対応したり、
ケアマネージャーとの連携に努めています。

 

スポンサーリンク