和床とベッド、どちらにしたらいいですか?

ベッドのほうがよい場合は

どのようなとき?

 

ベッドにもメリット・デメリットがあるので、
それぞれ利用する人の場合に当てはめて、
導入するかどうかについては検討したほうがいいでしょう。

 

しかしながら、一般的には、次のような場合には、
和床よりもベッドのほうが有利とされています。

■現在、和床で寝ていて起き上がりや立つまでが困難である場合。
■起き上がりや立ち上がりの動作に介助が必要な場合。
■おむつ交換や差込便器の利用が多く、寝ている状態での介護が必要な場合

和床のほうがよい場合は?

 

和床のほうがよい場合は、次のような場合です。

■利用者が床上移動できる場合
■寝ている状態での介護があまり必要でない場合

 

上記のような場合は、せっかく利用者に可能な動きがあるのに、
ベッドにすることでそれが妨げられてしまうからです。

ベッドを利用する際の

注意点は?

 

ベッドを利用する際は、前述のメリットを生かし、
デメリットについては、移動用バーやベッド用テーブルなどの
ベッド周り用具を有効活用することで
それをカバーすることが必要です。

 

また、日中はベッドから離れるようにするなど、
横になる時間を少しでも短くする生活習慣を整えることも
重要になってきます。

 

スポンサーリンク

介護用可変スライドボード

[準備:ボードをセットする]

 

ここで、介護用可変スライドボードのセッティングの仕方について、
わかりやすい動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

若干聞き取りずらいところもあるかもしれませんが、
その辺りはテキストを参照して下さればと思います。

 

介護用可変スライドボード

[準備:ボードをセットする]の続き

 

ここの傾斜に合わせて、背もたれの方を上げていただく。

 

それから、段差がこれではあまりにもありますので、
こちらへ引っ張くわけですから、
少しだけ、移乗先の高さよりもベッドの方がほんのちょっと高いと、
よりスムーズにこちらへ移乗することができますので。

 

そこでベッドの高さを調整してください。
用意ができました。

 

それで、今度は、シートを引くんですけれども、
人間の体で一番重いところというのは、肩甲部とこの臀部のところですので。

 

これは紐を付ける場所は、かなり調整が効くようになって、
細かく付いていますので、その利用者さんの身長に合わせて、
このベルトを1つ上へ上げるだとか、下に下げるだとか、
ということを肩から腰の部分を目安に、
付けていただければいいかなというふうに思います。

 

腕は曲げて引くのではなく、自分の体重移動をする、こういう運動ですよね。

 

この運動で引くということを試みられてもらうと、
肩とか肘とかそういう負担も少ないかなというふうに思います。
じゃ、こちら移りますよ。

 

スルッと引きますので、移り終わりましたら、
こちらのシートをここでちょっとこうして持ち上げてもらって、これを被せる。
こうして準備ができます。

 

そして、今ずっと下の方に下がっていますので、
これはここで、よっと進みますからね。

 

こんなふうに引き上げてもらって、次、ベッドの方に戻る時に、
便利なように、これはシーツに守られている。

 

消毒性もありますので。
楽に過ごしていただけるんではないかなというふうに考えております。

 

スポンサーリンク