車いすのバックレストとは?

車いすの

バックレスト(背もたれ)とは、

どのようなものですか?

 

バックレストは、2つのタイプがあります。

 

1つは、
座面(シート)との角度が変わらない固定式のもので、
もう1つは、後方へ傾斜角度が変えられる
リクライニング式のものです。

バックレストの高さは

どれくらい?

 

固定式の場合、バックレストの高さは、
肩甲骨最下部の位置を目安にして下さい。

 

これは、車いすを移動させるとき、
車いすのハンドリム(車輪の外側の握り)を回すときに、
肩甲骨の動きを妨げないようにするためです。

 

リクライニング式の場合、
バックレストは頭部の高さまでのものが一般的です。

 

これは、リクライニングの際に
バックレストが上体を支えなくてはならないからです。

 

ちなみに、車に積み込みやすいように、
肘掛けの高さのところで、
背もたれが折りたためるものもあります。

車いすの

大車輪(駆動輪)とは?

 

大車輪は、
自走用標準型車いすの場合は後ろにあるものです。

 

大車輪の大きさは、
最も一般的に使用されているものは、24、24インチです。

 

タイヤの太さは、
普通の自転車と同じ太さのものが多く使われています。

 

タイヤには、空気が入っているものと
中空部分がないソリッドタイヤがあります。

 

室内など平らな場所での使用の場合には、
空気を入れる必要のないソリッドタイプをお勧めします。

 

スポンサーリンク

横移動車いす

「サイドウェイ」(フランスベッド)

 

ここで、横移動ができる車椅子について、
面白い動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

ご覧になっていただけるとわかりますが、
車椅子でちょっと横に移動できると、
随分と自由度が増すのだなと思いました。

 

 

横移動車椅子、サイドウェイ。
エレベータの中など、狭い場所で楽に
横移動ができたらと思ったことはありませんか?

 

従来の車椅子からの横移動は、介護者の手助けが必要な場合も多く、
非常に負担も大きいものでした。

 

横移動車椅子、サイドウェイでは、
操作は、アームを上に引き上げるだけで、
乗ったまま横に移動ができます。
左右の車輪は取り外し可能です。

 

ベッドにピッタリ横付けすることができ、移乗が楽になります。
ほんの少し動けるだけで、自由度はグンと広がります。

 

車椅子生活を幅広くスライドさせてみませんか?

 

スポンサーリンク