車いすのティッピングバーとは?

車いすの

ティッピングバー(前輪昇降バー)とは?@

 

ティッピングバーは、
介助者が段差越えをするときなどに、
足で踏んで前輪キャスターを持ち上げるものです。

 

ティッピングバーがあると、段差越えが楽にできます。
また、ティッピングバーが長いほうが
踏む力が少なくてすみます。

車いすの

ティッピングバー(前輪昇降バー)とは?A

 

このティッピングバーには、
後ろに転倒するのを防止する車輪が付けられるものや、

 

自走用として使用するときは、
後方転倒防止用の安全装置になるものもあります。

 

スポンサーリンク

車椅子A

部位名称と機能

 

ここで、車椅子の各部部の名称とその使い方について、
かなり詳しく解説した動画がありましたので、
紹介したいと思います。

 

車椅子A

部位名称と機能の続き

 

こちらのタイプは、マジックテープ付きになっています。
で、仮調節ができるようになっています。

 

今、こうやって背もたれを操作しても、岩佐さんの体格に合わせて、
ゆったりだったり、きしっとだったりというようなことができるようになりつつあります。

 

病院の車椅子なんかはまだまだこう1枚ものなどが多いと思うのですけれども。

 

今、利用者さんに頼まれると、結構、
こういう仮調節の付いているタイプなんかも結構あります。
次にグリップ。こちらも普通にハンドルですね。

 

特に調節することはないと思います。その下の介助ブレーキですね。
こちらも今ほとんどの車椅子には付いています。

 

病院の院内でレンタルされているようなものにはないものが多いんですけれども。
病院の中で少し動かす分には、このブレーキはなくてもいいかなと思います。

 

ただ、通院介助であったり、お買い物、
外に出るのが目的で使われる車椅子に関しては、
このブレーキは命綱になりますので。

 

もし今、車椅子使われている方で、
ブレーキのないものを使われている方がいらっしゃったら、
早々にブレーキの付いているものをお勧めいただく方がいいかなと思います。

 

パーキングブレーキだと思って良いと思います。
車椅子に乗る際は、必ずこの駐車ブレーキの鍵を掛けてから乗るようにしてくださいね
という説明を、私どもも必ずしてます。

 

このブレーキを掛けずに車椅子に乗ろうとすると、車椅子が動いて、
ちゃんと乗れなくなる恐れがありますので。ここに、棒があると思います。

 

これ皆さん、ヘルパーさん、ご存知ですかね?
ティッピングバーと書いておいていただいてもいいんですけれども。

 

段差を越える際に、ここを踏んでいただくと、
車椅子の段差越えがしやすくなりますよという部分になります。

 

この部分を踏んで前を浮かせることによって、段差が越えやすくなると思いますので。

 

結構、利用者さんが前に座られていますと、
力づくで前へ上げようとしても、上がらないものですから。
ブレーキをかけ持ってもらうと、結構簡単に前は浮きますので。

 

段差はこれで乗り越えやすくなると。次にキャスターいきますね。
前輪なんですが、この車椅子結構わかりやすい構造になっています。

 

前輪の位置が、ちょっとこう外側についているんですね。
このパイプの外側についているのがおわかりになると思うのですが。

 

これ、普通の車椅子ですと、割とまっすぐ付いていたりするんですが、
そうすると、側にあることによって、例えば、足をここで当たったりとか、
足を乗せるときなんかも、キャスターに当たりにくい。

 

外側にあることで、小回りが効きやすくなる。本当に少しの差なんですけれども。

 

今、目方も色々と考えられていまして、キャスター1つとっても、
付いている位置であったり、キャスターの大きさだったりが結構違ってきますので。

 

外で使う車椅子であったりとか、
院内で使われている車椅子を見比べていただけると何よりかなと思います。

 

スポンサーリンク