シャワーチェアとは?

シャワーチェアとは

どのようなものですか?

 

シャワーチェアは、入浴用のいすの中で、
キャスターのないもののことをいいます。

 

体を洗う際のいすとして使用するだけでなく、
浴槽への出入りの際、浴槽の高さにそろえて
入浴台として兼用することもあります。

シャワーチェアを選ぶ

ポイントは?

 

まず、体を洗うときに使用するのか、
入浴台としても使用するのか、
利用者の体格や座位の保持能力、
移乗能力などを総合的に勘案して選ぶ必要があります。

 

通常は、次のような点に注意して選ぶとよいでしょう。

■安定性があって滑りにくいもの
■錆びたり腐蝕しにくいもの
■手入れや取扱いがしやすいもの
■座面高の調節機能はどうか
■背もたれや肘掛けはあるか、またその可動性はどうか
■座面の穴や切り込みはあるか、またその形状はどうか
■折りたたむことができるものか
■脚先の滑り止めの仕様は、吸盤かゴムキャップか...など

入浴台としても

シャワーチェアを使いたい場合は?

 

入浴台としても兼用する場合は、
腰掛けられる浴槽の高さにそろえるようにしましょう。

 

また、座面は平らなもので、
もし移乗する側に肘掛けがあるのであれば
取り外しができるものにする必要があります。

 

身体を回しにくい場合は、
ターンテーブルを併用することも考えましょう。

 

スポンサーリンク

テイコブ 

ワンタッチ折りたたみシャワーチェア

SK01

 

ここで、シャワーチェアというものはどういうものなのか、
一例として、シャワーチェアの動画を紹介したいと思います。

 

ご自分が実際にシャワーチェアを選ぶ際の
参考になればと思います。

 

動画の要旨

 

シャワーチェアは、入浴時の立ち座りが負担になる方、
姿勢を保つことが難しい方や、介助者の負担軽減のために
必要な介護用具です。

 

安定した姿勢を保ち、安全性を確保するために、
手すりや肘掛け、背もたれが付いた商品が発売されていますが、
座ったままでは手すりがつかみにくい。

 

固定式の肘掛けが移乗の際に邪魔になる、と言ったケースもあり、
安全性と便利さとを兼ね備えたシャワーチェアを選ぶのは一苦労です。

 

こうしたお悩みを解消するのが、安全に立ち座りができ、
移乗もスムーズなシャワーチェア、
テイコブワンタッチ折りたたみシャワーチェアです。

 

テイコブワンタッチ折りたたみシャワーチェアの特徴は、
利用者が快適・安全に入浴でき
介護者の負担を減らす工夫が盛り込まれていること。

 

手すりにつかまると、姿勢がしっかり保てるので、
体を洗う時、立ち座りの時も安全に介助をすることができます。

 

この肘掛けは、跳ね上げ取り外しが簡単にできるので、
スムーズな移乗が可能です。

 

また、手すりを外さずに、操作ボタンを上げるだけの
ワンタッチ操作で折りたたむことができ、
前後どちらからでも片手で無理なく操作できます。

 

さらに、折りたたんだチェアは、自立するので、コンパクトに収納できます。
体をしっかり支え、入浴時の介助・移乗や折り畳み操作が
スムーズにできるシャワーチェアをお探しの方には、
テイコブワンタッチ折りたたみシャワーチェアをおすすめいたします。

 

スポンサーリンク