移乗台とは?

移乗台(入浴台)とは

どのようなものですか?

 

移乗台は、自力で浴槽に出入りするのが困難な場合に、
これに座ってから浴槽に足を入れるようにすると
動作が楽になるものです。

 

移乗台は、浴槽の縁に一方を掛けて、
もう一方は高さ調節ができる脚を洗い場の床に固定します。

 

これによって、40cm〜50cmの台が形づくられます。
移乗台には、バスボードと連なっているタイプもあります。

移乗台を使用する際の

ポイントは?

 

移乗台を使用する場合には、
洗い場の床から浴槽の縁までの立ち上がり寸法が、
腰掛けられる高さでなければなりません。

 

もし、据置浴槽などで寸法が合わない場合には、
すのこなどを使って調整するとよいでしょう。

 

また足を回しいれるときに上体が後ろに反るため、
後ろに空間がないと動作できない場合がありますので注意が必要です。

 

移乗台(入浴台)を使った
浴槽への出入りがしやすいかどうかは個人差があるので、
できれば試してみて使うかどうかを検討することが大切です。

ポータブルトイレの特徴は

どのようなこと?

 

どちらかというと消極的な特徴になりますが、
ポータブルトイレは、使う人のからだのサイズに合わせて
調節できるものが少ないです。

 

種類によっては、
座面までの高さが調節できるタイプもあるのですが、
それにしても調節の幅は非常に小さかったりします。

 

また、標準的なものは座面が低いのが特徴で、
立ち上がりがしにくいという声もよく聞きます。

 

選ぶときは、そういった点にも注意してみてください。

 

スポンサーリンク

生活リハビリ 

トイレ・入浴の介助デモンストレーション

 

ここで、リハビリやトイレ・入浴介助の
デモンストレーションを行っている動画
(介護老人保健施設 舞風台)がありましたので、
紹介したいと思います。

 

短い動画ですが、
色々と参考になることも多いのでないかと思います。

 

 

【動画の要旨】
トイレを一日も早く人手を借りずに行えるようになっていただくために、
座面を低くした便器はもちろん、
移乗を補助するテーブルなどを活用しています。

 

お風呂はこれまで比較的大きなものが多く、利用者によっては、
体が浮いてしまうなどの危険な面もありました。

 

そこで、舞風台では、家庭サイズのお風呂を導入し
日常生活により近い環境でのリハビリを可能にしています。

 

スポンサーリンク