木製いす型ポータブルトイレとは?

木製いす型ポータブルトイレとは、

どのようなものですか?

 

木製いす型ポータブルトイレは、
木製のいすの形をしていて、
座面の下に便座が隠されているタイプです。

 

このタイプは、雰囲気が家具調なので、
和室など部屋の中に置いても違和感がないのが特徴的です。

木製いす型ポータブルトイレの

メリットとデメリットは?

 

木製いす型ポータブルトイレの場合は、
しっかりしていて、肘掛けや背もたれがそのまま利用できるので、
着座や立ち上がりの動作もしやすいのがメリットです。

 

肘掛けの調整などもできますので、
ベッド際に置いてベッドの高さと合わせたり、
ベッド側の肘掛けをはずして移乗しやすくしたりすることもできます。

 

しかしながら、その分重量もあるので、
気軽に持ち運ぶには不便です。

 

また、一番のデメリットとしては、プラスチックのタイプに比べて
清潔さを保ちにくい点があげられます。

木製いす型ポータブルトイレの

その他の機能面はどうですか?

 

座面の高さは、
脚部の調整でできるものもあります。

 

また、暖房便座機能、脱臭機能、
温水洗浄機能などが付いたタイプも多く出回っています。

 

スポンサーリンク

ポータブルトイレには、

どのようなものがあるのですか?

 

ポータブルトイレにはいくつかの種類がありますが、
一番標準的なものは、洋式便器型になります。

 

そのほかにも、肘掛け付きや背もたれ付き、
手すり付きなどがあります。

ポータブルトイレは、

どのように利用されているのですか?

 

一番多いのは、
ベッド際や部屋のすみに置いて利用するというものです。

 

また、キャンプなどのアウトドアスポーツの
仮設トイレとして利用されるものもあります。

ポータブルトイレの

種類と選び方(03)

 

先程、ポータブルトイレを選ぶ方法の動画を紹介しましたが、
今度はその設置方法についての解説ですね。

 

この動画(「Pトイレの設置場所と設置方法方法」【介護用品・福祉用具動画】)
もとても参考になると思います。

 

 

【動画の要旨】
ポータブルトイレとベッドの高さを同程度に合わせます。
座面の高さは膝が90度になるようにしましょう。

 

ベッドの足下に平行にポータブルトイレを設置します。

 

ポータブルトイレの前方、もしくは斜め前方に手すりを設置します。

 

バケツの中に水5p程度と消臭剤を入れておきます。

 

ポータブルトイレを平行に置くことで、移乗の際に回転する距離が短くなります。

 

スポンサーリンク