コモードタイプポータブルトイレとは?

コモードタイプポータブルトイレとは、

どのようなものですか?

 

コモードタイプポータブルトイレは、
多くは四脚型のステンレスパイプで作られたものです。

 

このタイプはほとんどが輸入品です。

コモードタイプポータブルトイレの

メリットとデメリットは?

 

海外では、コモードタイプポータブルトイレを
サニタリールームに置いて、
シャワーチェアとしても利用されています。

 

肘掛けが可動式だったり、
脚部の高さ調節ができるので移乗動作がしやすいのも特徴です。
また、丸洗いできるので、衛生管理しやすくなっています。

ポータブルトイレ

<座楽>アウーネ

 

ここで、ある企業の
ポータブルトイレの動画を紹介したいと思います。

 

様々なポータブルトイレの中で、
こんな感じのポータブルトイレもあるんだなということがよくわかりますので、
1つの参考になるのではないかと思います。

 

 

スポンサーリンク

動画の要旨

 

前傾姿勢をとって、しっかり排泄したい。
ポータブルトイレ<座楽>アウーネについて、ご紹介させていただきます。

 

ポータブルトイレというのは、自宅のトイレに歩いて行けなくなったり、
あるいは行きづらくなったときに、
居室内の主にベッド横に置いて使う簡易型のトイレのことです。

 

アウーネの特徴の1つは、
使用される方の体格に応じての調整が簡単に行える点です。

 

例えば、この肘掛けにつきましては、横にあるレバーを押して、
肘掛けを上下するだけで、簡単に高さ調整ができるようになっています。

 

また、座面の高さ調整も簡単に行えます。

 

このアウーネは、1本足ですので、このように左右に振りながら、
1p刻みで上下できますので、
短い時間で最適な座り心地を体感することができます。

 

高さ調整が終わりましたら、ロックをし、動かないように固定します。

 

アウーネの特徴の2つ目は、この前傾座面です。
座面が前下がりになっていますので、お腹に力が入れやすい、
排泄に適した前傾姿勢をとることができます。

 

また、立ち上がる時に、頭が下がってお尻が上がるというような、
自然の立ち座りの動作をサポートします。
また、後ろからの介助に便利な機能も有しております。

 

ご利用者さんが座られているときに、
どうしても後ろの位置から手を入れるというのは、狭いですし暗いので、
お尻のふきとりの介助であったり、あるいは座薬を入れるとき、
お尻に薬を塗るときなどに、非常にやりづらいのですけれども、

 

このふたを押すと、光も入りますし、後ろからも手を入れやすくなっていますので、
そのような後方からの介助すべてがやりやすくなります。

 

スポンサーリンク