ポータブルトイレの立ち上がりやすさの条件は?

ポータブルトイレの

立ち上がりやすさの条件とは?

 

従来のポータブルトイレは、
手すりや肘掛けもなかったですし、
足も引けないタイプでしたので、
立ち上がりやすいとはいえないものでした。

 

そこで、立ち上がりやすさの条件としては、
次のようなものを考慮するとよいでしょう。

具体的には

どのようなもの?

 

具体的には、次のようなものですね。

■座っている姿勢で、ひざが90度のときの位置より、かかとが後ろに引けること
■からだを前に倒して、肘掛けや手すりがあればその前方をつかんで立ち上がれること
■高い位置から立ち上がりやすいこと

 

ただし、立ち上がりやすいからといって、
便座の高さをより高めに設定することは避けましょう。

 

足底が床から離れてしまっては、かえって危険だからです。

 

よって、便座の高さ以外に立ち上がり動作を補助するためには、
足が引ける形状と手すりになるものを考えることが大切です。

 

スポンサーリンク

ポータブルトイレの

種類と選び方(01)

 

ポータブルトイレの選び方といっても人それぞれで、
様々な視点があるわけです。

 

ここでは、移乗のしやすさから見た場合には、
どういったポータブルトイレを選んだらいいのか
ということを解説した動画
(「移乗のしやすさから見るPトイレの選び方」【介護用品・福祉用具動画】)
がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

【動画の要旨】
ポータブルトイレには、肘掛けがあるものとないものがあります。

 

肘掛けは、手すり代わりに使えるので、立ち上がり動作や移乗動作、
座位の安定に役立ちます。

 

高さ、長さを調節できるものや、跳ね上げ・取り外しができるものもあります。

 

肘掛けは移乗動作の際に、お尻が引っかかってしまうことがあります。

 

ご本人様も移乗方法に合わせて、肘掛けの種類を選びましょう。

 

スポンサーリンク