トイレ用簡易手すりとは?

洋式トイレ用簡易手すりについて…

 

一般の洋式トイレの場合でも、
移動や移乗の際には手すりが必要になってきます。

 

この手すりについては、
本人のからだや運動機能に合わせた位置に
取り付けられればよいのですが、
構造上、壁にどうしてもつけられない場合もあります。

 

そのような場合には、設置式の手すりがありますので、
それを利用するとよいでしょう。

和式トイレの場合・・・

 

和式トイレの場合でも手すりは必要です。

 

特に和式トイレの場合は、高齢者にとって
移動動作に大きな負担がかかるのでなおさらです。

 

できれば移動が楽になりますので、
和式トイレを洋式の腰掛け式にするとよいでしょう。

 

もし、大規模な工事ができないということであれば、
変換便座といった簡単に取り付けができるものがありますので、
こちらを利用するとよいでしょう。

 

ただし、変換便座の場合は、
便座の端からドアまでの距離が30cm程度離れていないと
使用の際に不便ですので、その辺は十分考慮してください。

ポータブルトイレを設置する際の

注意点はありますか?

 

ポータブルトイレは、
しっかりと固定していないと転倒することがありますので、
本体が動かないような設置方法を考えることが重要です。

 

大きめの滑り止めマットを
ポータブルトイレの下に敷くとポータブルトイレが安定します。

 

特に片まひの人の場合は、
片方に力がかかりやすいので転倒には注意しましょう。

 

スポンサーリンク

手すり付折りたたみ簡易トイレ

「座らくらく」

 

ここで、手すり付折りたたみ簡易トイレについて、
その使用方法についてわかりやすい動画がありましたので、
紹介したいと思います。

 

特に解説等はありませんが、
実際に利用する様子を見ることができるので、
どんなものなのかがよくわかると思います。

 

 

いかがでしたか?
ちょっと短い動画でしたけれど、
おおよそのイメージはつかめたのではないでしょうか。

 

ぜひ、ご自分で利用する際の参考になさってください。

 

スポンサーリンク