自助具の選び方は?

自助具の条件は

どのようなもの?

 

全国身体障害者総合福祉センター監修
『障害者の食生活と栄養指導』によると、
次のようになっています。

■安全性・清潔さが保て、管理し易いこと
■機能性が高く、身体機能的弊害がないこと
■独力で使え、操作が容易なこと
■適合勢作・修理可能で、耐久性があること
■入手しやすく、適正な価格であること

自助具を選ぶ際の

ポイントは?

 

次のものを目安に、不足している機能を補うとよいでしょう。

■両手で使えないときには、片手で使えるものを選びましょう。

 

■思いどおりに動けなくて、操作することができないときは、調節式、変形、自動式、ワンタッチ式など工夫されているものを探しましょう。

 

■感覚や知覚がなかったり、あるいは鈍くなっていて危険なときは、二重保温式や音・光・振動などで知らせてくれる配慮のあるものを選びましょう。

 

■動く範囲が狭くて手が届かないときは、伸び縮みしたり、柄の長いもの、可動式のもの、持たなくてすむものなど他の方法を考えましょう。

 

■手などの力が弱くて持つことができないときは、もたなくていいもの、少ない力で持てるように柄が太くなっているもの、柄を変形させたり、ホルダーなどで引っ掛けて持つものを試してみましょう。

オリジナル自助具

「片手でトレッパー」 [千歳リハ]

 

ここで、片手でトレッパーという、ちょっと面白い
オリジナルの自助具を紹介している動画がありましたので、
参考までに見ていただけたらと思います。

 

 

【動画の要旨】
片手でトイレットペーパーを巻き、切ることができる。

 

まず、トイレットペーパーを少し出して、切れ端を指で押さえながら、
下敷きの部分にトイレットペーパーを巻き付けていきます。

 

巻き終わったら、下敷きを放して、トイレットペーパーを指で押して切ります。

 

切れたら右側からトイレットペーパーを抜いて完成です。

 

スポンサーリンク