グループホームとグループハウス

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)とは?@

グループホームは、
認知症の高齢者が、介護スタッフとともに、
地域のなかで、
自立的な共同生活をするための施設です。

 

グループホームはグループハウスと違い、
認知症の高齢者に限定しているのがポイントです。

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)とは?A

グループホームの多くは、
定員5〜9人の少人数のユニット単位で、
家族的な雰囲気を持って共同生活を営むことになります。

 

また、各人の能力に応じて、
食事の支度や掃除・洗濯などの役割を担います。

 

なお、身体の状態が著しく低下したり、
長期的な入院となった場合には、
退去を促されることもありますので注意が必要です。

グループハウスとは?

グループハウスというのは、
血縁関係のない少数の比較的健康な高齢者が、
家庭的な雰囲気のなかで共同生活を送ることを目的とした
入居施設のことをいいます。

 

「グループリビング」と呼ばれることもあります。

 

なお、入居者の条件は、
独居生活が困難な高齢者となっていますので、
グループホームのように「認知症」に限定していません。

 

スポンサーリンク