有料老人ホームの医療サポートは?

有料老人ホームに何を期待するのか?

有料老人ホームを選ぶ際には、そこを「施設」ととらえるのか、
「在宅生活の延長」ととらえるのかによっても、
人によって考え方は色々です。

 

ただ、いずれにしましても、
自宅以上の安心感や病院のような安心感を、
住まいとしての有料老人ホームに期待している方は
多いのではないかと感じています。

住まいとしての期待とは?

住まいとしての有料老人ホームへの期待としては、
次のようなものがあげられます。

■入退院を繰り返しつつも、ご家族が付き添ってあげられない方
■人工透析や在宅酸素などの医療依存はあるけれど、より日常的な環境を望んでいる方
■病院への入院を続けたいけれど、退院を余儀なくされる方

 

ライフスタイルの変化や社会的背景などにより、
こうした方々も増えているようです。

 

こうした要望も多いせいか、最近では、
可能な限りこのような期待に応えられるような
住まいと医療サポートの充実を謳った
有料老人ホームが台頭しつつあります。

医療サポートのある有料老人ホームとは?

医療サポートに特に注力している有料老人ホームとしては、
次のようなところがあります。

■有料老人ホームの運営母体が病院を経営している医療法人
■診療所併設の有料老人ホーム
■看護師24時間常駐の有料老人ホーム

 

このような有料老人ホームでは、協力医療機関の担当医らが、
緊急時でも迅速に診察できる環境が整っていたり、

 

また、看護師24時間体制の場合には、
夜間帯のたんの吸引やインシュリン注射などの医療行為について
専門のスタッフから毎日適切に対応してもらえます。

 

まさに、こうした有料老人ホームには、
自宅での暮らしにプラスαの安心があるといえます。

 

スポンサーリンク