不動産を売る場合のメリット・デメリットは?

不動産を売ることのメリットは?

不動産を売ることのメリットとしては、次のようなことがあげられます。

■不動産の維持管理などにかかる手間とお金が不要になります。
認知症になった場合など、資産管理がラクになります。

 

■手早くまとまった額の老後資金が確保できます。
将来的に残すお金ではなく、
自分たちの老後資金として活用できるお金なので、
有料老人ホームの入居一時金など大きな出費にも対応できます。

 

■まとまった額の現金を運用できます。
貯蓄したとしても利子が蓄積します。

 

■固定資産税の支払いがなくなります。...など

不動産を売ることのデメリットは?

不動産を売ることのデメリットとしては、次のようなことがあげられます。

■愛着のある家を手放さなければなりません。
住み慣れた家を失う寂しさや、帰るところがない心細さといった
精神面でのデメリットがあります。

 

しかしながら、有料老人ホームへの入居というのは、
基本的には住み替えですから、
もう前の家には戻らない覚悟で検討するのがよいと思われます。

 

ですから、もし
「いつかは帰りたい」という思いが少しでもあるのであれば、
売却はやめたほうがよいかもしれません。

 

■子供に相続させることができなくなります。

 

■相続税の面で不利になるケースがあります。
具体的には、居住用の土地というのは、
相続財産の評価においては、一定の広さまでは
20%または50%で評価されるのですが、

 

金融資産については、
残高がそのままの評価額となってしまうからです。

 

スポンサーリンク