有料老人ホームの価格設定は?

有料老人ホーム高い価格設定は?@

高齢化に伴って、
住まいのかたちも多種多様になってきています。

 

人の数だけ暮らし方があるように、
それに伴う住居選びも様々になったといえるのでしょう。

 

近年、有料老人ホームの価格帯にも幅が出てきています。
ここでは一般的な価格設定についてみていきたいと思います。

有料老人ホーム高い価格設定は?A

有料老人ホームの高い価格設定の理由としては、
たとえば次のようなものがあります。

■新築物件である。
■介護職員や看護職員の常駐など人員が厚い。
■医療に特化した介護体制を整えている。
■立地条件がよい。
⇒ 都心部や地域中心部にあり、さらに以下のような条件にあるもの
・交通至便
・駅から近い
・ロケーションがよい...など

 

■食事面の配慮
⇒ 食材、食器など

 

■一人当たりの専有スペースが広い...など

有料老人ホームの低い価格設定は?

有料老人ホームの低い価格設定の理由としては、
たとえば次のようなものがあります。

■社員寮などの転用物件を活用している。
■立地が都心中心部より郊外よりである。
■看護師が日勤帯のみなど、人員配置を工夫している。
■有料老人ホームとしての機能や品質はしっかり維持しつつ、過度に高級なものでないものを使用している。

 

なお、少数派ではありますが、
新築で自家厨房であっても
低価格の入居金を設定しているところや、
年齢によって低料金になるシステムもあります。

 

低価格帯の有料老人ホームを選択する理由としては、

「病院からの退院が迫っているけれど、在宅介護は無理。できれば今すぐ用意できる資金の範囲内で」

というような緊急性のある場合が多いのかもしれません。

 

しかしながら、
低価格な料金設定が実現できる理由というのは
施設によって異なりますので、
慎重にチェックするようにしたいところです。

 

スポンサーリンク